ご夫婦に多い意外なこと

 前回のオリンピックシーズンに出会った素敵なご夫婦のお話を、今回そのクライアント様に掲載の許可をいただくことが出来たので、ご紹介させていただきます。

結婚31年目のご夫婦で、子供たちも自立し夫婦2人の生活になり嚙み合わない会話の愚痴を聞かされたお子様からのご相談がきっかけで、後に、ご夫婦でカウンセリングを受けにこられました。
お話を聞く中で、「少しワークをしてみましょう…」ということで『好きな物』『嫌いな物』ワークというのをすることにしました。

このワークは、お互いに『好きな物』『嫌いな物』を黙々と用紙に書き出してもらい、それぞれに発表してもらうというワークです。くわえて、『好きな理由』『好きになった時期』『嫌いな理由』『嫌いになった時期』などそれぞれのエピソードを聞いていき、最後はお互いに用紙を交換して意外な発見箇所に大きくハートマークを記してパートナーに返すという者です。
ワークをしているご夫婦のお顔を拝見しているとパートナーが『好き』『嫌い』と言うワードを発せられると意外そうに驚いた顔をされると、自ずと質問してみたくなる話が出てくるというご夫婦が多くおられます。

こちらのご夫婦も『意外⁉』『知らなかった?』『なんで言ってくれなかったの?』『早く教えてよ~』など大変盛り上がり、最初は照れ臭そうにされていた旦那様も恥ずかしそうにハートマークがいっぱい記された用紙でお顔を仰がれていました。

最初からお二人でワークをするとなると少しハードルが上がるかもしれませんが、アテンダントも一緒にお二人の空間に加えていただけると共感率がアップするので、一体感が持てるワークの一つです。

私も毎回、様々なエピソードを聞かせていただき、一緒に体験させていただける貴重な時間となっています。

ちなみに、こちらの旦那様からカウンセリングの数日後「年をとって、好みが変わることをお互いに痛感しました。日々、新しい発見に不思議な感覚を持ちながら伴侶を愛おしく思える毎日です。妻にはご内密に…」と素敵なメッセージをいただきました。
あらためて、お幸せに!

(こころカフェ運営事務局)
 

過去の投稿

 

カテゴリー