空を見上げると雲には白い雲、灰色の雲がありますよね?色の違いって?

雲ができるしくみ知ってますか?
海や地面の水分が太陽の光で暖められると、
水が蒸発して水蒸気になり、空気中のちりと混ざります。
水蒸気は暖かい空気の上昇気流で、ちりと一緒いっしょに上空へ運ばれます。

上空で空気が冷えるとちりに水蒸気がついて、水や氷の粒(1/100ミリ)ができます。
この小さな水や氷の粒がたくさん集まったものが雲です。
ひとつひとつは目に見えないくらい小さいけれど、たくさん集まると雲として見えるんです。

今クールの朝ドラ「おかえりモネ」でヒロインももねが気象予報士目指して勉強中にふと
「雨ってなんで降るんだろう」と実は笑えない名言を言うのですが、
菅波先生がコップに氷を入れて、氷が解けてコップの周りが汗をかくまでまってくれる名シーンです
このコップの周まわりの水蒸気が水のつぶとなり、グラスの表面に汗のようにくっつく。これが雲になるしくみです。

そしてこの雲粒が上昇気流では抑えられなくなるほど重くなって落下したものが「雨」です。


雲には白色と灰色がありますよね。それは白い色の粒があるわけではなくて、ただ白く見えているだけなのです。
これは、雲の粒が太陽の光を反射しているために白く見えるのです。

遠くにある雷雲を横から見ると、太陽をまともに受けていますから雲はかがやくような白に見えています。
しかし、このとき、この雷雲の真下にいる人には、この雲は濃い灰色に見えています。
厚い雲の下にいると、雲はあまり太陽の光を反射できません。というよりも、厚い雲が太陽の光を遮ってしまうからです。
それで、影になった雲は黒っぽく見えるというわけなのです。

飛行機に乗ったとき日本列島を下に見ると思うのですが、雲の上を飛んでますので白い雲しか見れないですよね。
太陽光の反射で色が決まるので上からは白一色になるんですね。きれいですよね。

でも、その下では、

今日もコロナ禍で鬱々としたご夫婦たちの思いが

渦を巻いているのも見えるような気がします。

天からの美しい光を遮っている心の闇の部分、

私にお聞かせください。

(こころカフェ運営事務局おおひろ)

過去の投稿

 

カテゴリー