「当たり前」の事は以外とやれてない! その「当たり前」が、本当の「当たり前」になった時、目の前の世界が一変する⁉️

大ブレイクした「あたりまえ体操」から十数年、今一度あらためて「当たり前」を見直してみたところ、いろいろな現実に気づきました、、、(あたりまえ体操は関係ありません)

 

この言葉の語源は、中国から伝わった漢語「当然」が由来だと言われています。「当然」に「当前」という字を当て それを訓読みにしたという説が一般的だそうです。

また、漁や狩りなどで一人当たりに分配される取り分を「当たり前」といい、分配分を受け取るのは当然だとして「当然」の意味を持つようになった、という説もあります。

 

例えば「会社」での身近な当たり前と言えば やはり「ホウレンソウ」でしょうか。

もちろんポパイのエナジーフードではなく「報告・連絡・相談」です。

いろいろな現場で聞くと「やりっぱなし」や「相談無し」で 結果は何も進展無し。なんて事もあるそうです。

 

当たり前すぎて「ホウレンソウ」を新入社員や中途入社の社員に伝えていない上司も多いのかも知れません。

 

また、上司も「褒め3:叱り1」という部下との関わり方の当たり前を守ってないケースも多く聞かれます。

やたら褒めまくる上司は空気みたいに存在感を失い、注意ばかりの上司は○○ハラ予備軍として部下から認定されます。

 
 
”当たり前ということ”は大切な事なのに「当たり前過ぎて」誰も教えてくれませんからやっかいですね。
 
夫婦においても「当たり前」は大切。
一緒にいる時間が長いほど日々の当たり前の実践が大切です。
 
「ありがとう」や「美味しかった」は もちろんの事、感謝の気持ちを言葉だけではなく 「スイーツやお花」などの形で伝えてあげるのも良いと思います。
大好きな人ですから「キス&ハグ」も良いですね♪
 
……とは言え、いきなりやると、
「なんか怪しい……」となりますので、
月1回、週1回、毎日と段階を踏んで、
当たり前の行為にしていきたいものですね。
行動を伴った愛情表現こそ、夫婦円満のヒケツですから、めげずに頑張ってみましょう!
 
そして、
 
※日常の何気ないことで 迷ったり 悩んだりしたら こころカフェ でまったりしてみませんか♪
(カウンセラー岸田)
 

過去の投稿

 

カテゴリー