フィットネスクラブの人間模様

生活水準の安定・向上と共にわれわれ日本人の生活に浸透してきているのがフィットネスクラブである。

2021年現在、実に1400万人以上(ほぼ東京都の人口に匹敵!)がフィットネスクラブ利用者で9人に一人が利用している計算、更にはフィットネスクラブの会員は174万人と70人に一人の割合と近年増加傾向である。(特定サービス産業動態統計速報(2021年7月

これは健康寿命が延びシニア世代の旺盛な行動力と、ダイエットや体力向上、体型維持を心がける現役世代の増加に伴い、今後も更に伸びる分野であることは言うまでもありません。

 

さて、そんなフィットネスクラブですが、単にスポーツを楽しむだけではなく、人が集まるところなので様々な人間模様をうかがう事が出来る面白い空間でもあり長年通い続ける筆者も様々な学びを得てきました。共感を抱いていただける読者の方も多いのではないでしょうか?

まず、最も多い利用者はシニア女性で、恐らく毎日4,5時間は滞在している。朝のヨガ、太極拳レッスンに参加し、ジム友とランチを楽しみ、午後からプールで水中ウォーキング。目的はやはり体力維持、そしてジム友とのおしゃべりである。

次の勢力がシニア男性、ヨガはやらないが太極拳や筋トレなどのパワー系に力を入れており、仲間との会話というよりは黙々と体力維持とスポーツ後のお風呂を楽しんでおられます。

この2大勢力だが、夫婦で来ているのは全体の2割程度で基本は単身である。独身なのか、死別、離婚なのか事情は様々あろうが、恐らく多くの場合、夫婦で家で過ごすことのストレスからの離脱ではないだろか? 夫婦といえども一定の距離感が必要という訳である。

 

毎月決まった会費を払うだけで、毎日過ごすことも出来るので、これは健康的かつ実は経済的なのである。お家のお風呂に入らないので、家計にも優しいメリットがあります。

一方で夫婦仲良くフィットネスクラブを楽しんでいる素敵なカップルも目にする。これは見ていてとても微笑ましく、素敵な気分にさせられるものだ。特にスタジオでのグループレッスンに参加するシニア夫婦は、お互いを労りあったり、水分補給の声を掛けたり、ときには笑顔で楽しんでおられます。きっと体力維持とお互いの健康を第一に汗を流しているのでしょう。

次に多いのがミドルエイジ男女で、カップル4割、シングル6割といったところだ。

以前、同じレッスンに参加した男性に、「奥さんと仲が良いですね」と声を掛けてみた。その時は「ありがとうございます」というさわやかな返答だったのだが、後日あの二人は不倫の仲であることを別の会員から聞かされた。

なるほど、フィットネスクラブはそういう社交の場でもあるのだなと納得したものである。

 

確かに毎週決まった曜日、決まった時間に始まるスタジオのグループレッスンに、習慣的に参加していれば性別も関係なく仲良くなるものである。特に同じレッスンに、はまっている者同士は、ある意味「同好の士」という連帯感が生まれやすく、夜のレッスンの後に、「ちょっと一杯」というのも自然の流れであろうし、そのままどこかへ行ってしまっても大人同士なのだから何ら不思議なことはない。

世間では出会いが無いと言い、マッチングアプリで出会いを探す時代だが、実はフィットネスクラブこそ出会いの場という訳だ。健康的に一緒に汗をかいて、体力を向上させて、もしかしたら愛情まで育めるのである。

 

フィットネスクラブにまだ行ったことのない方には、何故そこまではまるの? 飽きないの?と思われがちだが、実は一度はまると、通い続けてしまう仕組みがあるのである。

仕組みというと設備的なものを連想しがちだが、前述したスタジオレッスンの中身に工夫がなされており、中毒性があるのである。

特に人気のあるメニューが、ニュージーランド発祥のLesMilles(レズミルズ)で、知らない人の為に少しだけ解説することにします。

レズミルズとはブランド名でフィットネス・レッスンを音楽と独自の動き(振付)を開発し、その動きをライセンス制でインストラクターに提供するもので、ダンスから筋トレ、有酸素運動等様々な種類があり、なんと3か月に1度、60分の内容が更新する。

例えば筆者がはまっているレズミルズメニューの1つ、ボディコンバットは、60分で11曲の音楽に合わせ、パンチ、キックを繰り出す激しい動きを特徴とし、この音楽や動きが3か月ごとに、時の新曲に合わせて更新されるので、ようやく新しい動きに慣れてきたと思ったら、また新しい動き(コリオという)に変わるのである。

もちろん3か月ずっと同じ音楽というわけではなく、バックナンバーといって過去のバージョンをインストラクターの判断、又は会員の要望に応じて日替わりで変えてくるので、飽きさせないのだ。

現在、コロナ禍の影響により、マスク着用でフィットネスライフを楽しんでおりますが、激しい運動の為かマスクが汗でびしょ濡れとなり、窒息しそうになりながらも楽しく励んでおります。早くマスクを外して楽しめる日が来ることを心から待ち望んでおります。

 

みなさんも、パートナーやご自身で、一度フィットネスライフを体験されることをオススメします。

(こころカフェ運営事務局みなみ)

過去の投稿

カテゴリー