iPhone(アイフォン)13シリーズ発売開始

もはや我々の日常生活に欠かすことの出来ない携帯電話だが、アップル社がついにiphoneシリーズ13を発売した。

毎回機能のマイナーチェンジを繰り返し、より便利に変化をし続けている。

今回の進化は次の通りである。

最新iPhone 13は、前モデルのiPhone 12シリーズと同じく、通常モデル2機種+Proモデル2機種の計4機種あり、通常モデルとProモデルの主な違いは搭載されているカメラの個数で、通常モデルのiPhone 13/miniは2つ、ProモデルのiPhone 13 Pro/Pro Maxは3つとなっている。

搭載されているプロセッサに違いはありませんので、手軽に最新iPhone 13を購入したい方は通常モデル、カメラの性能にこだわりたい方はProモデルがおすすめです。

カラーバリエーションは、iPhone 13/miniが、PRODUCT(RED)、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク、プロがゴールド、シルバー、グラファイト、シエラブルーと前回の12シリーズより合計2色増えました。

 

スマートフォンには大別して2つあり上記のアップル社が作るiphoneと、アンドロイドがある。機能性やおしゃれさでいうと圧倒的に支持が高いのは前者であり、若い方や女性から多くの支持を得ており、アンドロイドはなんとなく、シニアやおじさんのイメージがあるのは私だけではないだろう。

見た目のかわいさと多機能という点で大幅にiphoneがリードしているのだ。 

その為だからだろう、アンドロイド端末はリーズナブルな価格で購入することが可能である。

 

先日友人と話していた時の事、「妻に安いからアンドロイドに変えてくれ」とお願いしたら、「絶対嫌だ」と聞き入れてもらえないとぼやいていた。 当の友人は、スマートフォンは単なる通信手段としか捉えておらず、安い方がベストという考え方だが、奥さんはSNS等で画像を発信することを半分趣味の様にしており、カメラのレベルが違うから絶対に譲れないのだそうだ。

夫婦喧嘩にまではいかなかったらしいが、友人にしてみれば画像などアンドロイドレベルでも十分だとの事だが、一度iphoneで奇麗な画像に成れてしまったら、引き返せないのだろう。その気持ちもわかる気がする。SNSに投稿する画像が奇麗であればあるほど、きっと“いいね”の数が違うのだろう。

アンドロイドの方が経済的には優しいのだが、価格に勝る価値がiphoneにあり、それが圧倒的な支持を得ているということだろう。

一度でも良いものを知ると、人間なかなかその価値を諦められなくなるというものだ。

読者の方の中にも夫婦間で機種が異なるケースも在ろうかと思いますが、どうかこのことをお分かりいただき、夫婦喧嘩にならないように、機種の違いは考え方の違いと受け止めていただければ幸いです。

 

ところで皆さんのスマートフォンには、どれくらいのアプリケーションがインストールされているだろうか?

とある調査によると、インストール数は平均で103個、但し実際に利用しているのは平均で38個だそうです。

Lineやカメラ、カレンダー、Amazonや各種SNSが私の定番だが、ここ数年で益々便利なアプリが増えており、外出の時は財布ではなくスマホだけは手放せない状態である。

スマホケースについているポケットに、クレジットカードや身分証明書を入れておけば、まさにこれだけでどこへでも出かけることが出来る便利さである。

今、世間ではコロナ後の当面の間は、飲食店その他の施設への入場にはワクチンパスポートの提示を促す流れになると聞いているが、同時に多くの世界中の国も、入国緩和の条件にワクチンパスポート(ワクチン接種証明)を求め始めている。 

近い将来、パスポートや査証(VISA)までスマホにインストール出来る時代がくれば本当に便利だろう。

財布も持たず、着替えとガイドブックとスマートフォンで旅をする。

そんな身軽に旅を楽しめる時代がくればくることを、コロナ禍の中空想しているだけで面白い。

 

例えば夫婦で旅行に行く時、

カメラ最優先iPhone派の奥さんに美しい思い出を撮りだめてもらい、

価格最優先Android派の旦那さんはサプライズでご馳走を。

と、お互いにより有効的な使い方を編み出すことで、どちらの良さも、いいとこ取りが出来るのは、

夫婦旅行ならではの楽しさですね。

(こころカフェ運営事務局みなみ)

過去の投稿

カテゴリー