87歳の神父様がくれた幸せな結婚生活を送るための10のルール

以前ツイッターで話題になっていたスレをコピーして保存していたので紹介しますね。

牧師様が新婚さんに送った言葉なんですけど、価値観の違いに戸惑ったり、生活習慣が違ったりでLOVEの前に不安で一杯になったりする時期に、この10の言葉を贈られるなんて牧師様が素敵すぎます。

「幸せな結婚生活を送るための10のルール」

神父様は奥様と60年以上一緒だけど、今でもとても仲睦まじい。そんな2人が守っているルール。目新しいことは書いていないけど、意識しないと守れないものばかりで、僕は何度も救われた。これを朝に見るのが日課。

1.2人が同時に怒ってはいけない

2.家が燃えていない限り、怒鳴り合ってはいけない

3.どちらかが口論で勝つ必要があるならば、伴侶に勝たせてあげなさい

4.どうしても注意する必要があるときには、愛情をもって行いなさい

5.過去の過ちを未来に持っていってはいけない

6.お互いに我慢強くなりなさい

7.夫婦間の問題を解決しないで就寝してはいけない

8.最低でも1日に1回は伴侶に素敵な言葉をかけなさい

9.あなたが悪いときには、そのとこを認めて謝りなさい

10.問題の話し合いをしているとき、よくしゃべる方が過ちを犯している

この10の言葉を朝に見るのが日課になってるスレ主さんご夫妻(奥様はアルゼンチン人)は今でも仲直りの合図を決めていて、喧嘩したまま就寝しないんだそうです。

「結婚すれば、誰でも幸せになる」とは言えませんが、「結婚し、しっかりとしたつながりが構築できれば、幸せになれる」と言えます。

結婚した後に、夫婦関係を密にする、つながりを強める努力や歩み寄りがあって、初めて幸せな夫婦になれるのだと思います。

こころカフェへの相談者様の中に結婚前はこんな人だとは思わなかった・・・という言葉をよく耳にします。

結婚すると、心理的距離が大きく縮みますから恋人同士のときには見えなかった、相手の悪い部分、悪いクセ、短所などが急に目に付くようになますし、腹立たしくもなるんです。

そういうものなんです。

でもそれは、夫婦の心の距離が、それだけ縮まったということの証でもあります。

結婚は試練です。

一つ一つ乗り越えた時に幸せを、人としての成長を感じていくものなんです。

筆者は⑧番を実行するのが難しい婚歴30年カウンセラーです。

こころカフェでは10の言葉のような、ほっこりするエピソードも紹介していきます。

(こころカフェ運営事務局)

過去の投稿

 

カテゴリー