【自分を動物に例えたら…】

よくある質問で「自分を動物に例えたら何だと思いますか?」というのがあります。

これは、初対面の人とコミュニケーションをとる機会で使われることが多いかもしれません。

例えば、会社の新人研修や婚活イベントなどですが、この質問は、わりと簡単に答えられると言うことプラス話を続けやすいという利点があります。

女子が好きな占いと心理学を調合させた『動物占い』を思い出される方もおられるかと思いますが、この「自分を動物に例えたら何だと思いますか?」と言う質問は、心理学的に見れば、結構深い意味があるようです。

 

ただ、初対面に近い関係で限られた時間で複数の動物の名前からのコミュニケーションワークは少々ハードルが高くなるので、このワークを初対面に近い人たちと行う場合は、動物をある程度ポピュラーなものに絞った方がコミュニケーションは取りやすいと思います。

そこで、今回は自分とお相手のコミュニケーションをとる方法として『わんにゃんワーク』をご紹介します。

 

私のクライエント様の8割近くが人間関係の悩みでカウンセリングを希望されます。

恋愛のご相談、夫婦、職場、子供、ママ友、PTA、ご近所、嫁姑、などなど様々ですが、人間関係で悩んでおられる方に共通しているなぁと感じていることは、クライエント様の多くは相手を理解したいと思い、理解しようとチャレンジした経験があります。

つまり、相手を理解したいという思いがあるということです。

 

お相手を知り関係性を深めたい、改善したい…とそんな時に使える『わんにゃんワーク』をカウンセリング中にさせていただきます。このワークは悩みの対象となっている人間関係を新しい目線で見つめ直すと言うワークです。

 

『わんにゃんワーク』とは、犬タイプ、猫タイプどちらかと言うと、どちらのタイプかを考えるワークですが、これ誰かと一緒にすると同じ犬でも、同じ猫でも感じ方が違うのだなぁなんて毎回新鮮な驚きと発見が見られます。

時には、生態の知られざるプチ情報も出てきたりして…でもその生態のプチ情報がドンピシャにお相手や自分に当てはまっていたりして、セッションの最初は緊張されていたお顔が解れてこられるのがよくわかります。

 

また、犬好きなのに猫タイプ、猫好きなのに犬タイプなどアテンダントとクライエント様が思い浮かべている人物は全く違うのに、共有し理解できる空間が生まれて非常に盛り上がるセッションの一つです。

 

皆さんも、時には近くのワンちゃん、猫ちゃんを人として見てみてください。

『あ~、その気持ちよくわかる~』なんてわんにゃんの気持ちに共感できるかも…。

 

(こころカフェ事務局)

#夫婦を再生しませんか?

過去の投稿

 

カテゴリー