カサンドラ症候群とは?~夫婦関係が上手くいかないのはアスペルガーのせいかもしれない!~

近年、アスペルガー症候群についてネットや雑誌、漫画などで取り上げられることが増え、多くの人が知るところとなってきましたが、アスペルガー症候群の夫と暮らすことで生じる症状「カサンドラ症候群」についてはご存じでしょうか?

夫婦間のコミュニケーションが上手くいかず、不安を覚えたり、自信を喪失してしまうのは、もしかしたらカサンドラ症候群になっているからかもしれません。

・カサンドラ症候群とは

・カサンドラ症候群の特徴・症状

・カサンドラ症候群の対処法

・まとめ

カサンドラ症候群とは

カサンドラ症候群とは、夫(妻)がアスペルガー症候群だったために、コミュニケーションが上手くいかず自信をなくしたり、不安や抑うつといった症状が出ることを言います。

相談をしたいのだけれど、自分の趣味を優先して話を聞いてくれない、子供の世話で疲れていても手伝ってもらえないどころか、気付いてさえもらえない・・・。

そんな経験がある人の夫(妻)は、もしかしたらアスペルガー症候群かもしれません。

アスペルガー症候群の人は、相手の気持ちを考えたり、物事の背景を想像することが苦手といった特徴がありますが、成長するにつれ社会と折り合いを付けられるようになるため、自身がアスペルガー症候群とは気付かないことがあります。

また知的レベルの高い人が多いため、大企業に勤めていたり、得意分野で突出し社会的地位を確立していることもあります。

そのため妻(夫)が、夫婦間のコミュニケーションが上手くいかないことを周囲の人に話しても、よくある事と捉えられてしまい、余計に不安や不満を抱え、カサンドラ症候群になってしまうのです。

語源となっている「カサンドラ」は、ギリシア神話に登場するトロイの王女の名前です。

太陽神アポロンに愛され、予知能力を授かったカサンドラでしたが、アポロンの愛を拒んだため、予言を誰にも信じてもらえなくなってしまいます。その様子が、アスペルガー症候群の夫(妻)をもつ人と社会との関係を表していると言われ、カサンドラ症候群と呼ばれるようになりました。

アスペルガー症候群は、男性が女性の4倍ほど多いため、カサンドラ症候群は主に妻の症状として知られています。

カサンドラ症候群の特徴・症状

カサンドラ症候群の精神的・身体的症状には下記があります。

・自尊心の低下

・思考の混乱

・怒り

・抑うつ

・不安感

・罪悪感

・恐怖症

・心的外傷後ストレス反応

・不眠症

・偏頭痛

・体重の増減

また、アスペルガー症候群の夫(妻)と日常的に一緒にいることで、自身もアスペルガー的行動が生じる場合があります。

カサンドラ症候群は、夫(妻)がアスペルガー症候群であることの二次障害なので、アメリカ精神医学会の診断基準には正式な病名として記されていません。関係性による「障害」であるため、「状態」や「現象」として扱われています。

カサンドラ症候群の診断基準には、夫(妻)が低い感情知能・低い共感指数・アレキシサイミア(失感情症)のいずれかに該当することがあげられます。

加えて人間関係の面で、激しい対立関係・家庭内虐待(精神および身体、またはどちらか一方)・

人間関係の満足感の低下・人間関係の質の低下のいずれかを覚えていることが、カサンドラ症候群の診断基準とされています。

結婚後、最も近くにいる夫(妻)に気持ちを理解してもらえない、子育ての不安や悩みを共有できない、夫(妻)の言動が理解できず傷つくといったことは、大変、辛いことです。しかも夫婦生活は毎日続きます。そんな中で心がもたらす影響は、身体にも影響を及ぼしていくのです。

カサンドラ症候群の対処法

アスペルガー症候群の人は結婚後、二つのパターンに分かれることが多いといわれています。

一つは、いつまでも恋人同士の関係から変われないパターンです。一見、いつまでもラブラブで問題はいように思えますが、子供が出来たときに子供をライバル視して、妻(夫)を取られたような気になってしまいます。当然、子育てには協力せず、妻(夫)は孤独を覚えます。

もう一つは、結婚した途端に妻(夫)は、他者ではなくなってしまうパターンです。恋人だったときにしてくれていた気遣いや甘い言葉はなくなり、一緒に住んでいても一人で部屋に籠って趣味に没頭しているなんていうことも多々あります。当然会話は減り、妻(夫)は孤独を覚えるのです。

そうして発症してしまったカサンドラ症候群を改善するためには、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、離れることです。アスペルガー症候群の夫(妻)は、あなたがなぜ離れようと考えるのか分かっては貰えないかもしれません。それでも身体的に辛い場合は、距離を置き、療養することを選んだ方がいいでしょう。

もう一つは、コミュニケーションの方法を変えることです。私たちは他者とコミュニケーションをとるときに、言葉以外にも態度や仕草、表情から多くのことを読み取りますが、アスペルガー症候群の人たちはそういったことが苦手です。そのため、やって欲しいことがあれば言葉で伝える必要があります。また、アスペルガー症候群の夫(妻)に、やって欲しいことがあれば事前に言って欲しいと伝えておくことも効果的です。ただしアスペルガー症候群の男性は、責められることや否定されることが苦手なので、感情的な表現は避ける必要があります。

まとめ

今回は、アスペルガー症候群の夫(妻)と結婚したことで、心身共に不調になってしまうカサンドラ症候群について紹介しました。

夫婦間のすれ違いやコミュニケーションが上手くいかない原因が、全てアスペルガー症候群とカサンドラ症候群にあるわけではないのですが、こういった事例もあるということを知っていただき、少しでも気持ちが軽くなっていただけたら嬉しいです。

夫婦の問題を一人で抱え込むには限界があります。そんなときには専門のカウンセラーを頼ってみてくださいね。

(こころカフェ事務局)

#夫婦を再生しませんか?

https://lp.cocoro-cafe.jp
#こころカフェ

過去の投稿

カテゴリー