電話相談

これってモラハラ!?モラハラ妻の8つの特徴と対処法

自分勝手な道徳や倫理を振りかざし、言葉や態度で精神的な暴力を行うモラルハラスメント。

省略してモラハラと言われ、男性が加害者となる場合が多いように思われていました。でも最近では、女性が加害者となる場合もあるようです。これが夫婦間でのモラハラとなると、モラハラをする女性は『モラハラ妻』と呼ばれます。近年では、モラハラ妻を題材にするドラマや漫画も増えつつあるようです。モラハラ妻には、どんな特徴があるのでしょうか?モラハラ妻の特徴や原因、対処法について解説していきます。

 

・モラハラ妻診断&モラハラ妻の特徴とは?

・妻はモラハラを自覚している?モラハラの原因とは?

・モラハラ妻への上手な対処法

・まとめ

 

モラハラ妻診断&モラハラ妻の特徴とは?

モラハラ妻の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか?当てはまる特徴が多いほど、モラハラ妻である傾向が強くなります。

 

1.自分勝手な正論を振りかざす

モラハラ妻は自己中心的で、自分が一番正しいと思い込んでいます。そのため家庭生活の中で何か不都合なことが起きても、悪いのはすべて夫で、自分は悪くないと考える傾向にあります。また少しでも夫が弱いところや、常識的でないところを見せてしまうと、追い打ちをかけるように正論を振りかざし、夫に貶めます。

 

2.都合が悪くなると無視する

モラハラ妻がどんなに自分勝手な正論や常識を振りかざしても、勝てない場合もあります。そんなときモラハラ妻は、無視するという行動をとるのです。無視された夫は、心理的ストレスを抱えます。そして問題を解決するために会話のきっかけを探したり、悪くなくても謝らなければいけなくなり、結果的に妻が優位になってしまう場合が多いのです。

 

3.外では理想的な妻を演じる

モラハラ妻は近隣や職場、夫の友人などの前では、理想的な妻を演じます。家庭では暴言を吐かれたり、無視されたりしている夫からすれば、この変貌には戸惑いしかありません。でもモラハラ妻は、理想やプライドが高いため、周囲の人たちには素敵な夫婦だと思われたいですし、幸せな結婚生活を送っていると思われたいのです。

 

4.自分には甘く他人には厳しい

夫が買い物をしたり、趣味にお金をかけた場合、モラハラ妻は夫を責め、激怒するでしょう。でも自分が買い物をすることには寛容です。モラハラ妻は自己中心的な考えで行動していますので、他人には厳しいけれど、自分には甘いというところがあります。もし夫が妻の買い物に対して文句を言おうものなら、たまの贅沢も許されないのかと倍以上の文句が返ってくるでしょう。モラハラ妻にとってあくまでも自分は被害者なのです。

 

5.自分を守るためには平気で嘘をつく

モラハラ妻にとっては、何より大切なのは自分です。そのため、自分のプライドや理想を守るためには、平気で嘘をつきます。自分が悪者にならないためには、全くの妄想で、事実とは違うことを話すこともあります。

 

6.感謝の気持ちがない

モラハラ妻は周りの人たちや夫が、自分を大切にしてくれることは当然だと思っています。自分はいつでも被害者であり、大切にされる存在であると信じて疑いません。そのため感謝するということがないのです。どんなに夫が妻との関係を良くしようと動いても、夫より優位に立ち続けたいモラハラ妻の心には響かないのです。

 

7.文句やダメ出しが多い

元々、理想を追い求める傾向にあるモラハラ妻ですから、些細なことが気になり、文句も多くなります。細かなことにルールを作りたがるところもあり、夫がルールを守れなかったときは、ここぞとばかりに攻め立てます。そうして夫を攻撃することで、夫をコントロールしようとしているのです。

 

8.両親と仲がいい

モラハラ妻の特徴の一つとして、自分の両親と仲がいいという点があります。モラハラ妻は、夫とケンカをしてもすぐに実家に帰ってしまい、両親に言いつけます。モラハラ妻の両親は、娘に甘いという傾向があるため、モラハラ妻の言うことを鵜呑みにし、夫を悪者にしてしまうのです。そういった負のスパイラルもモラハラ妻が、自分の非を認めず、モラハラ妻であり続けることに加担しているのです。

 

妻はモラハラを自覚している?モラハラの原因とは?

モラハラ妻は、結婚前からモラハラだったわけではありません。では何が原因で、モラハラ妻へと変わってしまったのでしょうか?その多くは、結婚生活へのストレスだと考えられています。もともと理想が高いモラハラ妻ですから、結婚生活にも多大な理想を追い求めています。でも実際には、夫が家事を手伝ってくれない、昇進しない、育児が思うようにいかない等といったことからストレスを抱えて行くのです。そしてプライドが高いため、身近な人に相談も出来ず、孤独も抱えることになります。

そんな中、ストレスを吐き出せるのは夫しかいないので、外面はいいのに家では夫にモラハラをするといった構図が出来上がるのです。またモラハラ妻の夫には、優しい性格の人が多いため、妻のモラハラに対し、自分が悪かったのではないかと考えてしまうことが往々にあります。そうすると妻からのモラハラは、更にエスカレートしていくことになってしまいます。

またモラハラ妻の多くは、モラハラを自覚していません。モラハラ妻の特徴にあったように、モラハラ妻にとって、あくまで自分は被害者なのです。

 

モラハラ妻への上手な対処法

モラハラを治すためには、モラハラ妻にモラハラを自覚してもらう必要があります。ただし妻が文句を言っているときに「それはモラハラだ」と言い返すのは逆効果です。友人の話やテレビでの話などを例として、妻の行為がモラハラであることをやんわりと自覚させる方がいいでしょう。

また、モラハラ妻は夫を支配したいと思っているので、何か要求されても言うことを聞かない、受け流すということも大切です。一時的に喧嘩は増えてしまうかもしれませんが、妻が夫を支配することは無理なのだと気付いてくれれば、モラハラも無くなっていきます。

人の言うことや失敗に文句を言うモラハラ妻の場合は、モラハラ妻に決定権を持たせることも有効です。もしモラハラ妻が決定権を夫に譲ってきた場合は、先に後から文句を言わないように釘をさしておくといいでしょう。

 

まとめ

モラハラ妻は一見、道徳や常識を重んじているように思えますが、そのほとんどが自己中心的な理屈でしかありません。モラハラは立派な暴力です。その傷は見えなくても、心に刻まれていきます。モラハラ妻の世界観に取り込まれることなく、毅然とした態度を貫く気持ちを忘れないでください。またモラハラ妻からの攻撃に疲れてしまったときには、専門家による夫婦カウンセリングを受けるという方法もあります。

 

 

相談をしたいことがある方や、悩みがある方は、一度「こころカフェ」でお話してみませんか?

(こころカフェ事務局

#夫婦を再生しませんか?

https://lp.cocoro-cafe.jp
#こころカフェ

過去の投稿

カテゴリー