熟年離婚によるメリット・デメリットと結婚のあり方について

熟年離婚と聞くと、高齢になってから離婚をすることだと多くの人は思い浮かべるのではないでしょうか?

調べてみると、明確な定義は定められていないようですが、 20 年以上に亘り結婚生活を送った後に離婚することだと言われています。

つまり、22 歳で結婚して 42 歳で離婚しても熟年離婚といえるということです。

人生  100 年時代と言われている現代からすると、まだまだ若いですよね。

この記事をご覧になっている方の中には、熟年離婚をしたいと考えている方もいるかもしれません。

今回の記事では、後悔をしない為にも、熟年離婚のメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

 

熟年離婚のメリットとは?

熟年離婚のデメリットとは?

・結婚のあり方はいろいろある

・まとめ

 

熟年離婚のメリットとは?

 

最大のメリットは、結婚生活に関するしがらみから解放されることではないでしょうか?

結婚生活を唯一、血の繋がっていないパートナーと共に生活をするということは、大なり小なり悩みができると思います。双方の悩みとして考えられるのは、家事や金銭的な関係、些細なことから起こる喧嘩、時間の管理などが挙げられます。離婚をするとそれらから解放されます。

 

また、熟年離婚のメリットとしては、相手の両親の介護問題を解消することも挙げられます。配偶者と縁を切ることができるので、配偶者の親族の介護など、問題を抱え込まなくて済みます。

 

さらに、結婚生活から解放されることで、時間の管理、スケジュールの管理を自分の好みに組むことができます。熟年離婚だけに限りませんが、恋愛も再びできるようになります。交際相手とうまくいけば再婚することもできるでしょう。オトナの出会いも増えてきているので十分に可能性はあります。

 

離婚によって生活の幅が広くなることもありますが、その上ではしっかりと準備期間を設けなくてはいけません。

 

準備内容の例を挙げると、

 

①貯金をする 

②子どもがいる場合、親権や養育費の問題を解決する

③財産分与の問題

 

等が挙げられます。これらの問題と向き合わなければいけません。しっかりと心構えをしましょう。

 

熟年離婚のデメリットとは?

 

デメリットとして挙げられるのは、精神的な孤独感や経済面、健康的リスクではないでしょうか?

離婚が成立して、一時は喜びや開放感を味わうことができますが、ひとりでの生活がしばらく続いていくと、孤独感と向き合わなければいけません。熟年離婚となると、友人と会おうとしても、友人は家庭を持っている場合が多いかもしれません。頻繁に会うことは難しいでしょう。それなりに打ち込める趣味などを持っていたらいいですが、特に何も無い場合は、より強い孤独を感じることでしょう。

 

次に経済的な問題もあります。

これまで2人で支え合ってきた支出がこれからはひとりでやりくりをしていかなくてはいけません。結婚生活では、専業主婦やパートで働いていても生活できていたものが、離婚後困ってしまう。というケースも考えられます。

熟年離婚後に正社員やフルタイムの仕事に就きたくても経験が無いなどの理由やある程度の年を重ねているので、職の幅が狭くなってしまいます。

 

また、健康面での問題もあります。

ひとりだと自炊をしなくなっていき、ごはんも適当に済ませてしまい、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。体調が悪くなり、急に悪化しても対応してくれるパートナーがいない為、もし倒れても周りには誰もいません。

そのまま孤独死してしまうなんてリスクも考えなくてはいけません。

 

結婚のあり方はいろいろある

 

これまで、熟年離婚に対するメリットとデメリットを考えてきましたが、週末婚という選択肢もあります。

週末婚とは、平日は夫婦別々で暮らして週末の 1 ~ 2 日を一緒に過ごす夫婦の状態のことを言います。平日は別居しているので悪いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、平日の時間は仕事とプライベートの時間を確保し優先することができ、週末になると夫婦2人の時間を過ごすことができるのでとても前向きな状態と言えます。

 

一昔前は、お見合い結婚が主流で恋愛結婚なんてなかなかできない。なんて時代がありました。

今は時代が変わり、結婚のあり方の型が無くなりました。この時代の文化や習慣、価値観によって左右されることはありますが、結婚のあり方は自由になり、自分たちにあった結婚を選べる時代なのです。週末婚以外にも契約婚、共生婚、同性婚、別居婚、通い婚などたくさんの結婚の形があります。カップルが大人同士であればあり方を一緒に考えていければいいのです。

 

熟年離婚を考えている方で、離婚までは…と考えている方は様々な結婚の形の中から一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

これまで、お互いの嫌な部分ばかりが見えていたのが、パートナーの良い部分や好きな部分を確認、発見ができ、また認め合えるようになるかもしれません。

 

まとめ

 

今回は熟年離婚のメリット・デメリットと夫婦のあり方について紹介しました。

早く離婚したい!と思う方も中にはいるかもしれませんが、離婚は慎重に考える必要があります。

 

これからの自分の人生設計と、相手の人生設計を深く考えることが大切です。結婚にはたくさんのあり方、多様性があります。これからの人生をより豊かに過ごしていく為にも参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

人は生きていく中で、たくさん悩み葛藤します。

ひとりで抱え込まずに、相談をしたいことがある方や悩みがある方は、一度「こころカフェ」でお話してみませんか?

(こころカフェ事務局

#夫婦を再生しませんか?

https://lp.cocoro-cafe.jp
#こころカフェ

過去の投稿

カテゴリー