歳の差婚は幸せ?メリットとデメリットの両面を知ってみる

歳の差カップルという単語は、普段生活している中で何気なく聞く方も多いと思います。

歳の差カップルには定義がありませんが、多くの方は10歳以上離れているカップルは歳の差婚だと感じる方が多いそうです。

歳の差婚と聞くと、会話や価値観が合わなさそうという印象や、頼りがいがありそうという印象まで様々なものがあります。

では、実際のところはどうなのか。今回は歳の差婚について掘り下げていきたいと思います。

 

 

歳の差婚のメリット

歳の差婚のデメリット

まとめ

 

 

 

歳の差婚のメリット

 

収入面で期待できる

ある程度年齢を重ねている方は、仕事の方では良いポジションに就いて活躍している可能性があります。収入では、まとまった額を貰えているため同年代では得られない経済力に期待できます。

歳相応の人生経験に頼れる

人は歳を重ねていくにつれて数多くの知識や経験、スキルを身につけていきます。人生経験豊かなパートナーがいれば、何か躓きそうなことがあってもフォローしてくれたり、自身が知らなかったことも教えてくれるためより豊かな人生を送ることができます。

10歳以上年下の恋人がいることで自身も若々しくいられる

若いパートナーと日常生活を過ごしていくと精神的に刺激を受ける機会が多々あるため、自身も若々しさやエネルギッシュさ保つことが出来る可能性があります。

・年下ならではの愛らしさに触れられる

単に年下だから可愛いという訳では無く、初めて何か物事に取り組むときや体験するときの無垢さに愛らしさを感じる方が多いようです。

 

歳の差婚のデメリット

 

・親に反対されがち

歳が大きく離れていると両親からは「可愛い息子・娘のことが心配」という気持ちが生まれ、反対されることがあるようです。愛し合っているカップルであれば、親は何が不安なのかをしっかりと聞き出し、説得を真剣にすれば分かってもらえるはずです。二人で歩み寄っていける気持ちを全面的に伝えましょう。

・ジェネレーションギャップを感じてしまう

歳が10歳以上離れていると、時代で起こった様々なトレンドや価値観、行きたい場所等が全くかみ合わないことがあります。お互いの気持ちを尊重して受け入れることで新たな価値観を生むことが期待できます。このギャップをデメリットとして受け取るのではなく、メリットとして受け取ってみることでコミュニケーションが広がることがあります。また自身の経験や知識を豊かにし、視野を広げるきっかけにもなり得ます。

・出産に悩む

ある程度の年齢になってくると子どもを持つか持たないかで悩むカップルを見受けられます。子供が成人になる年と自身が定年退職する年を計算した時に、責任をもって育てられるのかが問題です。自身の健康や貯金、収入をしっかりと計画したうえで話し合いをしましょう。また、男女共に出産適齢期というものがあります。このことも念頭に出産のことを考えましょう。

 

まとめ

 

今回は歳の差婚のメリット・デメリットについて紹介しました。

お互いの価値観を認め合うことが大切です。歳の差カップルでも同年代カップルでも、一番大切なことはお互いに思いやりの心を持つことです。

パートナーの人間性や感性一つ一つに気づき観察をすることで、お互いの良い部分や嫌な部分に気づきます。その気づいた部分を尊重できるか向き合えるかが長い結婚生活を豊かに過ぎしていける一つの分岐点になります。

 

ひとりで抱え込まずに、相談をしたいことがある方や悩みがある方は、一度「こころカフェ」でお話してみませんか?

(こころカフェ事務局

#夫婦を再生しませんか?

https://lp.cocoro-cafe.jp
#こころカフェ

過去の投稿

カテゴリー