姑が嫌いでイライラ!姑のことが嫌いになる理由と対処方法とは?

旦那や子供とは仲睦まじく日々の生活を送れているのに、姑との付き合いでストレスや不満が溜まって嫌だ…と悩みを抱えていませんか?

実際に、「姑と同居をして問題が多い」

「価値観を押し付けてくる」

「一人の時間でも気が抜けない」と

悩みを抱える方もいらっしゃいます。今回は姑が嫌いになる理由と解決、対処法といった姑問題についてご紹介していきます。

 

 

姑が嫌になる理由

・解消、対処法とは

・まとめ

 

姑が嫌いになる理由

 

どうして姑の事が嫌いになってしまうのでしょうか?実際にあった事例をいくつかご紹介します。

 

(1)態度や機嫌がころころ変わる

旦那や子供の前では優しく、良い姑として振舞っているのに自分にだけきつく当たってきたり、厳しい態度をとられたりするとストレスが溜まるのも当然です。

時偶優しい顔を見せてきてもすぐに厳しい態度をとられると、戸惑ってしまいます。こういう姑の場合、自分以外の家族には裏の面を知らない為、相談しても疑われたり、取り合ってくれなかったりするので厄介です。

 

(2)価値観の強要

旦那とは価値観も合い、仲睦まじい生活を送れるのに、姑が「食事中はテレビをつけない」「掃除機は毎日かける」「子供の躾はこういうものだ」と逐一口出しをしてくると気が滅入ります。

価値観や家事育児は時代によって変わっていくものです。夫とは納得しているのに姑が価値観を強要してくるのは相当面倒です。

 

(3)家族との外出に必ず姑と一緒

姑の旦那さんが他界すると同時に同居を始めるケースは少なくありません。

日常生活でも価値観や習慣の違いで負担を抱えることがあるのに、家族水入らずのおでかけにも必ず一緒についてくると、気が滅入ります。

旦那や子供からも、ひとりでお留守番させるのは可哀想と言われるのは分かっていても、どこか腑に落ちないときもあるものです。

 

(4)我が家なのに好きなようにできない

家に姑が頻繁に訪問してきたり、同居を始めるようになったりすることがあります。

初期の頃は、遠慮や配慮があったとしても、徐々に慣れていくと自分の好きなように、リビングや玄関といった共用スペースにインテリアや小物などの私物を飾られると、我が家でもあるのに自分の好みに部屋をコーディネートできない…と辛さを感じます。

また、姑がいる為リビングでゴロゴロしたり、お風呂に上がった後に下着で部屋を移動したりできない等の制約に縛られることで、鬱憤が溜まっていきます。

 

(5)デリカシーが無い言葉をかけてくる

家族になったからと言って、配慮や思いやりのない発言で妻の心を傷つけていい訳がありません。

「あなたの料理は味も不味いし見た目も汚いのよ」

「こんな嫁を貰って息子と孫が気の毒だわ」といった

デリカシーのかけらもない言葉を日常的にかけられると、ストレスは爆発寸前です。

 

解消、対処法とは

 

もう、「姑とは我慢の限界」「なんとか問題を解決したい」と思ったら一体どうしたらいいのでしょうか?方法をいくつかご紹介します。

 

(1)同居している場合、まずは旦那に別居について相談をしてみる

聞き入れてもらえないと思っていても、まずは旦那に一度、相談をしてみましょう。

相談をする前に、

・姑に対して辛いと思うこと

・別居をすることによって改善する点

・これ以上は同居できないと思う理由

以上の3点をしっかり自分の頭の中で整理をして、言葉で伝えられるようにしておく必要があります。

姑といっても、旦那の母親。自分の身内を悪く言われると誰でも気分が悪いものです。愚痴や不満をただ言うだけにならないように注意しましょう。

あくまでも「前向きに家族が暮らしていける」話し合いをするということを心に留めてください。

 

(2)距離を置いて受け流す

無理に姑と付き合おうとせず、少し距離を置いてみるのも一つの手です。

「良い関係にしたい」と無理に付き合うと、かえって自分の負担になります。まずは距離を置いて何か癪に障るようなことを言われても「そうですね」「はい」と言ったように受け流すことでストレスを軽減できるかもしれません。

 

(3)旦那に間に入ってもらう

姑に対してストレスが溜まりに溜まって、1対1で話し合いをするのは危険です。感情のままにぶつけてしまうと、聞き入れてもらえなかったり、その後がもっと酷くなったり、気まずい思いをしたりと良い事はありません。

一つの策として、旦那が間に入ってもらうという手があります。

旦那からも伝えてもらうことで、妻だけの意見ではなく、旦那の意見としても聞いてもらえるのでより効果的です。

 

(4)友達や専門家に相談してみる

姑問題があるのに旦那はこの問題の解消に消極的、なんてこともあります。

一人で悩み抱え込んでしまうと、こころの病に発展してしまうことがあり非常に危険です。

この場合は躊躇わずに友人に相談することをお勧めします。友達以外にも夫婦カウンセラーや心理カウンセラーなどへの相談も視野に入れましょう。

しっかりと今までの出来事や自分が悩んでいる、抱えていることを口に出して相手に伝えることで、気持ちが和らいだり解決策に導いてくれたりすることがあります。

専門家に相談に行かないといけないほど、深刻ということを旦那に知られることで、旦那もやっと向き合ってくれるなんていうこともあります。

 

まとめ

 

嫁姑問題は場合によっては、こころの病に発展することもあり深刻な問題です。

いま読んでいる方が姑に対して辛いと感じているのであれば、少しでも早く何らかの解消方法を取ることが大切です。

 

また、私たちも皆さんの味方であり、力になれればと思います。ひとりで抱え込まずに、相談をしたいことがある方や悩みがある方は、一度お気軽に「こころカフェ」でお話してみませんか?

 

(こころカフェ事務局

#夫婦を再生しませんか?

https://lp.cocoro-cafe.jp
#こころカフェ

過去の投稿

カテゴリー