不妊治療をしたことがある夫婦は何割?夫が不妊治療に協力的でないときの対処法

日本の初婚年齢が上がり続ける今、不妊に悩む人たちも増えています。

中でも、不妊治療に励むのは女性の方が多く、夫の協力が得られずに傷つくという話をよく聞きます。

実際に不妊に悩む人たちはどの位いるのでしょうか。また、夫が不妊治療に消極的な場合は、どのように対処しているのでしょうか。

今回は、不妊を心配したことがある夫婦の割合や、不妊治療の方法と費用、夫が不妊治療に協力的でないときの対処法について調べてみました。

 

 

・不妊を心配したことがある夫婦の割合は?

・不妊治療の方法と費用

・夫が不妊治療に協力的でないときの対処法

・まとめ

 

不妊を心配したことがある夫婦の割合は?

不妊とは、健康な男女が、妊娠を望み性交をしているにもかかわらず、一定期間経っても妊娠しないことをいいます。

では一定期間とは、どのくらいを差すのでしょうか。

公益社団法人日本産科婦人科学会では、「1年というのが一般的である」と定義しています。また、令和3年度の厚生労働省の調べでは、不妊を心配したことがあるという夫婦は、35.0%いるそうです。そして、18.2%の夫婦が、実際に不妊の検査や治療を受けたことがあるといいます。これは、夫婦全体の5.5組に1組の割合になるので、想像するよりも多いのではないでしょうか。

また、2019年の生殖補助医療により誕生した子供は60,598人です。これは全出生児児(865,239人)の7.0%にあたり、およそ14人に1人が、生殖補助医療により誕生しているといえます。

 

不妊治療の方法と費用

不妊の原因は女性ばかりにあるとは限りません。

WHO(世界保健機関)によれば、約半数は男性に原因があるとされていますし、検査をしても原因が分からないこともあります。

検査により疾患があり妊娠が出来ない、しにくいと分かった場合は、疾患を治すための治療を行います。疾患がない、原因が分からないという場合は、次のような方法で不妊治療を行っていきます。

 

1.タイミング法

検査により排卵日を調べ、妊娠しやすい日に合わせて性交をすることをタイミング法といいます。治療の第一段階として行われることが多く、医師の指導を仰ぐ場合は、1回数千円程度で受けることができます。

 

2.人工授精

採取した精液から元気な精子を取り出し、排卵に合わせて子宮に直接注入する方法を人工授精といいます

。1回1~3万円程度で受けることができ、身体への負担が軽いことから回数を重ねることができます。

 

3.体外受精

精子と卵子を採取して、体外で受精させ、子宮に戻す方法を体外受精といいます。

タイミング法や人工授精では妊娠が難しい場合に使用されることが多く、費用は20~60万円程度かかります。

 

その他にも、精子の数が極端に少ない場合に有効とされる顕微受精や、射精が困難な場合に精巣内から精子を採取する方法などがあります。

体外受精や顕微授精では、医療費の総額が100万円以上になることもあり、夫婦によっては途中で断念せざるおえない場合もあります。

また身体に掛かる負担も大きく、仕事を続けることが難しくなり、離職する場合もあります。

 

夫が不妊治療に協力的でないときの対処法

夫が不妊治療に協力的でない場合、どのように対処したらいいのでしょうか。

多くの場合は、不妊治療に対する知識が少なく、「性交をしていればいずれ授かる」、「費用が高額」といった曖昧な情報のみを鵜呑みにしていることが考えられます。

一緒に病院に説明を聞きに行ければいいのですが、それも難しい場合は、病院からのパンフレットなどを参考にしながら、ご自身で説明することが必要です。

また、期間や費用についても決めておくことをお勧めします。話し合いの過程で喧嘩になってしまったり、夫が不機嫌になってしまったりしたら、無理強いはせず、少し時間を置くことも有効です。

いずれは妊娠できると信じて、今は二人の時間を大切にしてもいいですし、趣味や好きなことに没頭してもいいでしょう。ストレスを抱えることも良くないので、マイペースで進められたらいいですね。

 

まとめ

不妊や不妊治療で悩む人たちは、思っていた以上に多いことが分かりました。

夫の協力なしにはできないので、余計にストレスを感じてしまいますよね。

もし、「不妊治療が上手くいかなくて辛い」、「夫が協力的じゃなくて困っている」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。

 

『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずは気持ちを打ち明けるだけでも大丈夫です。お気軽にご連絡ください。

 

<参考>

令和3年度 厚生労働省 不妊治療を受けやすい休暇制度等環境整備事業

https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/30l.pdf

(こころカフェ事務局

#夫婦を再生しませんか?

https://lp.cocoro-cafe.jp
#こころカフェ

過去の投稿

カテゴリー