30 11月 2022

夫婦の価値観の違いに戸惑い!?価値観の違いの乗り越え方

一緒に暮らすようになって気付いてしまった価値観の違いに戸惑うことってありますよね。 私の周りでも、電気のつけっぱなしや、掃除やゴミの出し方など、ちょっとしたことではありますが、生活していく上で気になるという声をよく耳にします。 今回は、そんな価値観の違いを感じる瞬間を男女別にご紹介していきます。 また、価値観の違いを感じたときにどう乗り越えるかについても、併せてご紹介していきます。 ・価値観の違いを感じたことがある人の割合は? ・夫の、妻の、価値観の違いを感じる瞬間 ・価値観の違いをどう乗り越える? ・まとめ 価値観の違いを感じたことがある人の割合は? 2020年の司法統計で離婚の理由として1位になったのは、男女ともに『性格が合わない』でした。これは、2位以降の理由に圧倒的な差をつけて1位になっています。 そして、女性の7位に『浪費する』、男性の6位にも『浪費する』が入っています。『性格が合わない』、『浪費する』という理由は、いわゆる「価値観の違い」と捉えることができるのではないでしょうか。 また、Domani編集部が30~45歳の日本全国の有職既婚女性110名を対象に「夫婦間で価値観の違いを感じたことがある?」というアンケートを行ったところ、『よくある』と答えた人が36.1%、『たまにある』と答えた人は28.7%でした。このことから、半数以上の人が結婚してからパートナーの価値観の違いに戸惑ったことがあると言えそうです。 夫の、妻の、価値観の違いを感じる瞬間 では、どんな時に価値観の違いを感じるのでしょうか。既婚者の声を男女別にご紹介します。 1.妻が夫に価値観の違いを感じる瞬間 ・電気やテレビをつけっぱなしで寝ている。うるさいし、わたしはこまめに消したい派なので気になる。 ・食事のマナーにイライラ。音を立てて食べたり、お箸でお皿を寄せたり、子供も真似するのではないかとイライラしてしまう。 ・夫は整理整頓にはうるさく、リモコンの置き場所が変わっているだけでも文句を言ってきます。でも、掃除はしないので、ほこりがたまっていても気にしてくれません。 ・夫は少しくらい高くても、いい物やブランド品を買おうとします。クーポンや割引券を使ってでも、少しでも安く買いたい私とは合わない気がします。 ・私は小学生の子供の成績が気になって仕方がないのですが、夫は完全、放置主義。子供の自主性に任せたい気持ちは分かるのですが、ある程度は親が見てあげる必要もあるのではないかと考えモヤモヤしてしまいます。…

17 11月 2022

結婚前に知っておきたかった…夫のこんなところが嫌!

結婚前は優しかったのに、いざ結婚したら優しくなくなった、年月とともに私に関心がなくなっていくみたい…なんていう話を聞いたことはありませんか。 お付合いをしている段階で、お相手の性格をある程度、分かってはいても、結婚生活の中で、また違った一面が見えてくるということは多々あります。 今回は、結婚前にどんな条件でお相手を探していたのかと、結婚してから知ってしまった夫の嫌なところについてご紹介していきます。 ・結婚相手に求める条件とは? ・結婚してから知った夫の嫌なところ ・まとめ 結婚相手に求める条件とは? 誰しも一生に一度の結婚に失敗はしたくないと考えるものです。 2022年にマッチングアプリ大学が既婚女性121人を対象に行った『結婚前にこれだけは譲れないと思っていた条件は?』という調査では、 1.性格 2.金銭感覚 3.愛情の強さ 4.年収 5.見た目 との結果が出ています。そして、『結婚した結果、その条件は本当に必要だった?』という調査には、60%の人が「はい」と答え、 「必要な条件もあった」という人も入れると94%にも上りました。 しかしながら、性格は一言では言い表せない要素が含まれているため、結婚前にお相手の全てを知ることは難しいものです。実際に結婚した女性の中には、結婚前に気づかなかった夫の資質を問題としてあげている人が多くいます。 結婚してから知った夫の嫌なところ 結婚してから気付いてしまった夫の嫌な一面。多くの妻はこんなところを嫌だと思っているようです。 1.人に厳しい 掃除や洗濯は妻に任せきりなのに、ちょっと汚れを見付けたら注意してくる。 自分のスケジュールを妻が忘れていたら物凄く怒るくせに、自分が妻や子供のスケジュールを忘れてもごめんの一言で済ませるなど、自分には甘いのに、人には厳しいというところを嫌だと感じる妻は多いようです。 本人は、自分に甘いという認識はないのかもしれませんが、妻はしっかり見ています。そして、毎日のことに文句を言われるということは、非情にストレスに感じるものです。 2.人の話を聞かない…

09 11月 2022

結婚生活で大変だと思うこと5選とその乗り越え方!

結婚生活というと幸せな毎日をイメージする人が多いのではないでしょうか。 でも、実際に結婚してみると、大変だと感じることが以外にも多いものです。 今回は、結婚生活で大変だと思うことを5つご紹介します。これから結婚を考えている人は、前もって知ることで心の準備ができますし、今、結婚生活で悩んでいる人は、同じように悩んでいる人が多いということで励みになるのではないでしょうか。 ・結婚生活で大変だと思うこと5選 ・大変な結婚生活を乗り越える方法 ・まとめ 結婚生活で大変だと思うこと5選 1.一人の時間が減る 独身だったり、一人暮らしだったりした頃は、一人でいることを寂しく感じていたのではないでしょうか。でも、いざ結婚してみると、一人の時間が減ってしまったと感じるものです。 仕事をしているあいだは、もちろん一人ではありませんし、家に帰ってもパートナーや子供がいて、なかなか一人の時間というものはありません。また、一人でどこかに出かけたりするにも、家族のスケジュールを確認して、同意を得なければいけないため、面倒だと思うこともあるのではないでしょうか。 2.家事のやり方が合わない パートナーの洗濯のやり方や、掃除のやり方が自分とは違っていて、驚くこともあるでしょう。本当は、自分のやり方のほうが効率いいのにと、イライラしてしまうことも…。 また、パートナーがこれまで全く家事をやってこなかったという場合には、1から教えなければいけないという大変さもあります。そして、パートナーが家事をしてくれない場合には、家事分担の話し合いからしなければいけなくなります。毎日の生活に密接に関わってくるため、慣れるまでの大変さは他とは比にならないではないでしょうか。 3.喧嘩をしても距離が近い 一緒にいれば意見が食い違うことも、喧嘩になることもあるでしょう。恋人のときであれば、一旦、お互いの家に帰り、物理的にも時間的にも距離を置くことができました。 でも、結婚して生活を一緒にしていると、たとえ顔も見たくないと思っていても、なかなかそうはいきません。 冷静になる時間がなくて、喧嘩が長引いてしまうなんていうことも…。一人になり、気持ちの切り替えができる場所や時間を持てないということが、結婚生活のむずかしいところでもあります。 4.義理の両親に気をつかう 核家族化がすすむ中で、義理の両親や親戚付き合いというものも薄れつつありますが、それでも切り離せないのが義理の両親との関係です。 義理の両親が遠方に住んでいれば、お正月やお盆には会いに行くことになるでしょうし、そこで何を話そうか、上手くお手伝いができるかなど気をつかってしまいます。また、義理の両親が近くに住んでいれば、家に来ることも度々あり、その都度、気をつかうことになります。…

03 11月 2022

60代夫婦が結婚してよかったと思うとき ~セカンドライフの過ごし方~

長年勤めた仕事を定年し、子育ても一段落して、セカンドライフに不安に感じている人は少なくないのではないかと思います。 幸せなセカンドライフを送るためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。 今回は、夫婦関係に満足している人は何割くらいいるのか、60代夫婦が結婚してよかったと思うとき、定年後も満足度の高い夫婦生活を送るために気を付けたいポイントについてご紹介します。 ・今の関係性に満足している夫婦は何割? ・60代夫婦が結婚してよかったと思うとき ・定年後も満足度の高い夫婦生活を送るために ・まとめ 今の関係性に満足している夫婦は何割? リクルートブライダル総研では、2019年に全国の20代~60代の結婚したことがある人を対象に、夫婦関係の満足度や夫婦関係に対する考え方などを調査しました。 その結果、夫婦関係に満足している人の割合は、平均で68.4%でした。これを年代別にみると、結婚したばかりと思われる20代が一番高く78.5%、次いで60代が71.3%と高い満足度になっています。また、30代~50代は少し下がり、30代・40代は67.3%、50代は65.1%です。 このことから、ライフステージによって、夫婦関係の満足度が変わっていくことがわかります。さらに、夫と妻のあいだでも満足度には違いがありました。 夫の満足度の平均は70.2%、妻の満足度の平均は66.7%と平均ではそれほど差は感じられません。でも、40代を境に満足度の差は広がっていき、60代夫の満足度は75.7%なのに対し、60代の妻の満足度は66.9%しかないのです。子育てが終わり、夫婦二人の生活が始まる60代は、夫婦のライフスタイルを見直す時期にあるのではないでしょうか。 60代夫婦が結婚してよかったと思うとき 同じく、リクルートブライダル総研では、「結婚してよかったと思うとき」と「現在の配偶者と結婚してよかったと思うとき」についても調べていました。それぞれ、結果は次のようになります。 <60代夫が結婚してよかったと思うとき> 家に帰ると配偶者や家族がいるとき(82.1%) 子どもが生まれたとき(65.5%) 自分が病気になったり、けがをしたとき(64.9%) <60代妻が結婚してよかったと思うとき> 子どもが生まれたとき(68.0%)…

27 10月 2022

別居からの関係修復~別居の際に気を付けたい5つのポイント

パートナーのパワハラやモラハラ、浮気や不倫、生活リズムのずれや一人の時間が欲しいなど、別居を考えることってありますよね。 でも、もうパートナーと一緒に暮らしたくないと思っても、いきなり離婚するのはハードルが高いと感じるのではないでしょうか。 そして、一時的には離れても、夫婦関係を修復できるのなら、その方がいいと考える方も多いと思います。 今回は、別居のメリット・デメリットや別居の際に気を付けたいポイント、関係を修復する際に大切な期間についてご紹介していきます。 ・別居のメリット・デメリット ・別居の際に気を付けたいポイント5つ ・別居からの半年間が大切 ・まとめ 別居のメリット・デメリット 夫婦にとって別居は、メリットもありますが、離婚に至る可能性も秘めています。 夫婦にとって、または、子供や家族にとって何がベストなのか、別居のメリット・デメリットから考えて頂けたら幸いです。 ・別居のメリット 冷却期間が持てることが別居の最大のメリットです。 パートナーに怒っていたり、嫌いになっていたりした場合は、本当にそれを原因に離婚してもいいかを冷静になって考える時間が持てます。 また、関係を修復するためにも、パートナーへの気持ちを整理することが出来るでしょう。さらに、別居することで、お互いにパートナーの大切さに、改めて気付くということもあります。 ・別居のデメリット 期間が長くなればなるほど、関係の修復が難しくなるのが別居のデメリットです。 また、別居をしている間、実家に戻れればいいのですが、それが出来ず、もう一つ部屋を借りなければいけなくなった場合には、経済的な負担が大きくなります。加えて、別居した場所によっては、職場が遠くなったり、子供を転向させなければいけなくなったりすることもあります。 さらに、パートナーが別居を拒否しているにも関わらず、強引に別居に至った場合、慰謝料を支払わなければいけなくなることもあるので注意が必要です。 別居の際に気を付けたいポイント5つ…

20 10月 2022

離婚しやすい夫婦の5つの特徴!離婚しない夫婦になるためには!?

今、日本では3組に1組が離婚する時代といわれています。 結婚するときから離婚を考える夫婦はいないと思いますが、結婚生活の中でさまざまな理由が生じ、やむなく離婚に至っているのが現状です。 では、どんな夫婦が離婚しているのでしょうか?調べてみたところ離婚しやすい夫婦には、共通する特徴があるようです。 今回は、離婚しやすい夫婦の特徴と、離婚しなさそうな夫婦の特徴についてご紹介します。 ・離婚しやすい夫婦の5つの特徴 ・離婚しなさそうな夫婦の特徴 ・まとめ 離婚しやすい夫婦の5つの特徴 離婚しやすい夫婦には、共通する特徴があることはご存じでしょうか。こちらでは、その特徴について5つご紹介いたします。 1.一緒にいる時間が少ない 結婚をして一緒に暮らし始めたら、必然的に一緒にいる時間が多くなると思っていませんか?確かに、恋人だった頃に比べれば多くなるかもしれません。 でも今は、男性も女性も仕事を持つ時代です。生活時間がずれているため朝食は別々、夜も残業で忙しく、顔を合わせることがないなんていうこともあり得ます。 夫婦として一緒にいる時間が少ないということは、ちょっとした不満を言うタイミングもないということです。そのまま不満が溜まり、何のために一緒に暮らしているのか、結婚しているのかと悩むことにもなりかねません。 2.交際期間が短かった 交際期間が短いということは、お互いのことを知る時間が短いということに繋がります。 スピード婚をされた方の中には、出会った瞬間フィーリングが合って盛り上がり、ノリで結婚したという人もいるのではないでしょうか。 結婚は、お互いの性格や価値観だけではなく、家族や親戚との付き合いもあります。お互いのことをよく知らずに結婚してしまうと、思っていた結婚生活と違うと感じやすいものです。 3.どちらかが口うるさい 神経質で細かいことが気になったり、掃除の仕方や料理の味付けなど、ちょっとしたことにも口うるさく文句を言ったりする人は、離婚しやすいといえます。 夫婦両方が口うるさい場合には、喧嘩に発展しやすいですし、どちらかが口うるさい場合には、言われる方が一緒にいることに疲れてしまうでしょう。…

13 10月 2022

夫に嫌われていると感じたら?関係を修復するための方法

文句を言ってしまったあとや喧嘩をしてしまったときなど、夫に嫌われてしまったのではないかと感じることってありますよね。でもそれで、夫はあなたのことを本当に嫌いになってしまったのでしょうか?ちょっとしたすれ違いや言動を嫌われたと勘違いしている場合もあります。今回は、多くの妻が夫に嫌われたと感じる瞬間はどんなときなのか、もし、本当に夫に嫌われてしまったら、関係を修復する方法はあるのかについて調べてみました。 ・夫に嫌われたと感じる瞬間・嫌われた夫と関係を修復する方法・まとめ 夫に嫌われたと感じる瞬間あなたは、どんなときに夫に嫌われたと感じますか?ここでは、妻が夫に嫌われたと感じる瞬間について5つご紹介していきます。なお、数字が大きくなればなるほど、夫からの嫌われ度合いは増します。 1.共感してくれない自分の話に夫が共感してくれなかったことで、嫌われたと感じる人もいるでしょう。でも、そもそも男性は共感が苦手な生き物です。会話には結論が必要だと思い、あなたの気持ちなどそっちのけで、こうすればいいと説教がましいことを言うこともあります。でもそれで、言い合いになってしまった、喧嘩をしてしまったくらいで夫に嫌われたと感じるのは、少し早いのではないでしょうか。 2.無視された挨拶をしたり、話しかけたりしたときに無視されて、嫌われたと感じることはありませんか。1度だけでしたら、たまたまということになりますが、毎日ということになれば問題です。夫はあなたに怒っているか、興味を失っている可能性があります。男性は興味のない女性と話をしようとは思いませんから。 3.避けられている視線を合わせてくれない、仕事から帰って来てもすぐに自分の部屋に籠ってしまう、休日も外出してばかりいるなど、夫から避けられていると感じたときも、嫌われてしまったと思うのではないでしょうか。この場合は、浮気など夫自身に後ろめたいことがある場合もありますが、あなたの言動が原因で、逃げたいと考えているという場合もあります。 4.文句ばかり言う口を開けば文句ばかり、これまで気にしていなかった細かいところまで文句を言われてしまうということが続けば、夫から嫌われたのではないかと感じますよね。あなたは文句を言われてうんざりと思うでしょうが、夫はもっとあなたにうんざりしているのです。もともと文句が多い性格の夫でない限り、あなたは嫌われてしまったことを自覚した方がいいでしょう。 4.別居や離婚を提案されたこれはもう完全に嫌われていることを認めましょう。夫もそれなりの覚悟をもって提案しているはずです。関係修復の可能性が無いわけではありませんが、あまり期待はせず、今後の人生を考えた方がいいかもしれません。 嫌われた夫と関係を修復する方法夫に嫌われてしまったとしても、簡単に離婚することはできないですよね。もう一度、これまでのような関係を取り戻すために下記を実践してみてはいかがでしょうか。 1.夫に依存しない夫のちょっとした言動が気になり、嫌われてしまったのではと感じている人は、少し旦那と距離を置くことをお勧めします。自分が楽しめる趣味をみつけてもいいですし、友人と出掛ける時間をつくってもいいです。楽しんでいるあなたを見ることは、夫の楽しみにも繋がるのではないでしょうか。 2.夫を褒める・感謝する一緒に暮らしているとついつい欠点を見付けて、うるさく注意したり文句を言ったりしていませんか。自分と夫が違う生活習慣を持っているのは当たり前です。気になるところは無視して、少しでもいいところがあれば褒めるようにしましょう。そして、一緒に過ごせることに感謝の気持ちを忘れてはいけません。夫をリスペクトしていて、気持ちを素直に表している妻を嫌う夫はいませんから。 3.夫にもメリットになるような夫婦関係を目指す生涯を支え合い過ごしていくのが夫婦です。自分の幸せばかりを考え、夫をないがしろにしていては、夫に嫌われてしまいます。夫がどんな家庭を望んでいるのか、どんな妻なら一緒にいたいと思えるのか考えて行動することが大切です。それは何の苦労もせずにいられる生活ではないかもしれません。でも、話し合い、歩み寄ることでお互いが幸せに思える結婚生活ができると思います。 まとめ嫌われてしまった相手に何かアクションを起こすことは大変だと思いますが、何もしないままでは夫婦の関係は修復できません。会話ができるのであれば、先ずは話し合いからしてみてはいかがでしょうか。もし、「夫に嫌われているのか確かめたいけど、どうしていいか分からない」「関係を修復したいけど、私の場合はどうしたらいい?」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。 『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

05 10月 2022

あなたの夫のタイプは!?タイプ別、夫にもっと稼いでもらう方法

今、日本では全体的に年収が上がっていません。 でも、「もっと年収が上がって欲しい」、「夫に頑張って稼いで欲しい」と考えることってありますよね。 夫婦共働きが一般的になっている現在でも、家計の収入の多くを担っているのは男性です。 今回は、夫のタイプ別、もっと稼いでもらうための方法ともっと稼いでもらうために妻にできることをご紹介していきます。 ・あなたの夫のタイプは? ・向上心が強い夫に稼いでもらうためには ・安定志向の夫に稼いでもらうためには ・まとめ あなたの夫のタイプは? もともと男性は、家庭をもったら、妻や子供を経済的にも精神的にも支えていきたいと考えているものです。 でも、その男性によって性格は違ってきます。向上心があり出世を目指す人もいれば、安定志向で日々同じ生活をしたいと考えている人もいます。 もし、出世を目指して頑張っている人にもっと稼いで欲しいと言ってしまえば、プライドを傷つけることになりかねません。また、安定志向の人にもっと稼いで欲しいと言ってしまうことは、プレッシャーに繋がってしまいます。まずは、自分の夫がどういうタイプなのかを分析することで、応援する方法が違うということを知りましょう。 向上心が強い夫に稼いでもらうためには 1.チャレンジ精神を応援する 夫が仕事でこんなことをやりたい、将来はこうなりたいと語ることがあれば応援しましょう。 そして、疲れた夫を癒し、支えるのがデキる妻です。どんなに仕事で遅くなっても、きれいな部屋で美味しい料理をつくってくれる妻がいれば、夫は安心して家に帰ることができるのです。 さらに、「頑張りすぎないでね」の一言で、夫は妻からの愛情を感じ、もっと稼いでこようと考えるようになります。 2.夫の身なりをプロデュースする 高い年収を稼ぐ人たちは、身なりにも気を使っています。 それは、スーツや小物ひとつで、その人の品格やどれくらい稼いでいるかが分かってしまうからです。そのためデキる妻は、自分のための洋服代や化粧品代を削ってでも、夫の身なりを整えるためにお金を使っています。…

29 9月 2022

浮気されやすい夫の6つの特徴/妻が浮気をする原因とは!?

前回は、浮気されやすい妻「され妻」の特徴についてご紹介しました。では、浮気されやすい夫というのもいるのでしょうか?調べてみたころ、浮気されやすい夫「され夫」というのもいるようです。また浮気されやすい夫には、「され妻」と同じように共通する特徴がありました。今回は、妻が浮気をする原因についてと浮気されやすい夫の特徴についてご紹介します。 ・妻が浮気をする原因とは?・浮気されやすい夫の6つの特徴・まとめ 妻が浮気をする原因とは?男性には子孫を残そうとする本能が備わっているので、魅力的な女性を見るとつい声を掛けてしまう、浮気をしてしまうということがあるのですが、女性にはその本能はありません。女性にとっては、優秀な男性と家庭をつくり、子供を育てるということが子孫繁栄に繋がるからです。では、そんな女性がなぜ浮気をしてしまうのかというと、そこには男性側の言動が大きく関わっているように思います。女性には、「守られたい・頼りたい・愛されたい」という3つの本能があります。そのため、夫が思いやりや愛情をもって接していれば、妻は浮気を考えることはないのです。浮気された夫の多くは、うちの妻に限って浮気をするはずがないと思っています。またそれと同時に、自分は浮気されるような夫ではないと過信してもいます。でも実際には、女性の3つの本能を満たせていなかったため、妻とのあいだに溝が出来てしまっていることに気付いていないだけなのです。 浮気されやすい夫の6つの特徴先述したとおり、妻が浮気をするのには、夫側に原因がある場合が多々あります。では、どんな夫だと妻は浮気をしてしまうのでしょうか?浮気されやすい夫の特徴についてご紹介します。 1.自己中心的な夫生活の中心は自分で、家事や育児を妻がするのは当然だと考えているようでは、妻の気持ちは離れて行ってしまいます。またこのタイプは、セックスも自己中心的で、それで妻は満足していると思い込んでいる場合が多々あります。生活の中で、思いやりの気持ちを持てないことが、一番の原因になります。 2.真面目過ぎる夫本来ならば、真面目であることはいいことなのですが、それも度を越えると厳しくなります。毎日、変化がない生活は安定や安心を感じられますが、面白味は欠けてしまいます。時にはスリルや冒険を求めて、妻が別の男性に目を向けてしまうこともあるのです。 3.浮気性の夫先ほどの真面目過ぎる夫とは正反対に、浮気性の夫というのも妻に浮気をされる傾向があります。夫に浮気をされているということは、愛されたいという女性の本能が満たされていない状態です。そのため、愛されたい妻は、他の男性を求めることになるでしょう。この場合、もし浮気相手の男性が本気になってしまえば、そく離婚ということにもなりかねません。 4.優柔不断な夫優柔不断な夫は一見すると、何でも妻の言うことを聞いて優しい夫というようにも捉えられますが、実際には、妻の言いなりで自分の主張がないということになります。妻からしてみれば、夫は頼りにならない存在です。さらには、家庭に興味がないのだと捉えられてしまいます。夫が頼りにならない、家庭や自分への愛情が薄いと感じれば、妻は外へ目を向けてしまうでしょう。 5.仕事や趣味が優先の夫仕事や忙しい夫や、多趣味の夫も浮気されやすいと言われています。家庭を守るためには仕事が大切だということは分かっていますが、まったく妻や家族との時間が持てないようでは、家庭は冷え切ってしまいます。夫からの愛情を感じられず、何をしていても夫が気にも留めないと分かった妻は、浮気をしても大丈夫だと思うかもしれません。 6.男性としての魅力がない夫 結婚したことに油断して、外見に気を使わなくなってしまうと、妻は夫を男性として見られなくなってしまいます。また外見だけでなく、仕事に対する熱意がない、父親としての威厳がないということでも、妻は夫に男性としての魅力を感じられなくなってしまいます。 まとめここまで、妻が浮気をするのには夫が原因というように記載してきましたが、必ずしもそうでない場合もあります。もともと男好きだったり、隙が多くて男性に絡まれやすかったりといった、妻側に問題がある場合もあるからです。もし、妻の浮気を疑うようなことがあった場合には、先ずは冷静になって証拠を見付けることが大切です。 もし、「妻が浮気をしているかもしれなくて不安」、「妻の浮気をやめさせたい」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

22 9月 2022

浮気されやすい妻の5つの特徴/浮気されない妻になるためには!?

パートナーの浮気は、夫婦間の問題としてメディアでもよく取り上げられていますよね。浮気は「する方が悪い」というのは当然のことですが、浮気されやすい妻には一定の特徴があるようです。夫に浮気される妻、通称「され妻」にならない為にも、当てはまるところが無いかチェックしてみてはいかがでしょうか。 ・浮気されやすい妻の特徴・浮気されない妻になるためには!?・まとめ 浮気されやすい妻の特徴浮気されやすい妻の特徴とはどういうものなのでしょうか?ここでは、浮気されやすい妻の特徴を5つご紹介します。 1.文句や愚痴が多いネガティブ妻男性というのは、家庭に癒しを求めているものです。仕事で疲れて帰って来て、ホッと一息つきたいのに、妻に文句や小言を言われてはストレスが溜まる一方なのではないでしょうか。また、自分への文句ではなくても、疲れているときに人の悪口やネガティブな話は聞きたくないものです。「家に帰りたくない」そんな気持ちを抱かせてしまっては、浮気されやすくなってしまいます。 2.子供中心で夫はないがしろ妻子供が生まれれば、生活が子供中心になるのは仕方がないことだと思います。では、旦那さんは子育てに加われていますか。子育てに加われていなかったり、子供との会話に加われていなかったりすると、家庭に居場所がないと感じてしまうでしょう。また、妻と二人の時間がずっと取れないことを寂しく感じている場合もあります。そんな場合は、外へ居心地のいい場所を求めてしまうことになりかねません。 3.夫婦生活を拒む妻結婚してからセックスレスになる夫婦は多いものです。でも、夫婦生活を拒まれると、性欲が満たされないだけではなく、愛されていないのではないかと不安になったり、男性としての自信を喪失したりしてしまいます。出産や加齢によって消極的になることはあるかと思いますが、思っている以上に夫は傷ついていることを忘れてはいけません。 4.ありのままを見せすぎる妻結婚前はメイクやファッションに気を使っていたのに、結婚したらいつもスッピンでカジュアルなファッションしかしないのでは、旦那さんもあなたを女性として見られなくなってしまいます。多かれ少なかれ男性は女性に幻想を抱いているものです。女性らしさが無くなってしまっては、あなたに魅力を感じなくなってしまうでしょう。 5.いつも変わらずマンネリ妻家庭は、いつも変わらず安心できる場所でありたいとお考えではありませんか。もちろんその通りではあるのですが、本当にずっと同じでは、結婚生活は退屈でつまらないものになってしまいます。全てが安定している時こそ、注意が必要です。家庭に退屈を感じた旦那さんは、刺激を求めて外へ目を向けるようになってしまうからです。 浮気されない妻になるためには!?浮気されない妻とは、どんな妻のことなのでしょうか。夫婦関係を円満にするためにもぜひ、知っておきたいです。 1.感謝を言葉にする日々、家族のために頑張っている旦那さんに、感謝の気持ちを伝えていますか。改まって、仰々しく言わなくてもいいのです。旦那さんの「ただいま」のあとに「いつもありがとう」と言うだけでも、旦那さんは明日も頑張ろうという気持ちになります。男性は褒められたり、頼られたりしたいものなのです。その男心を上手く操り、守ってあげたいと思わせるような妻になりましょう。 2.女性としての魅力を維持する旦那さんと、何でも言い合える友人のような関係を築けているというのは素敵なことですが、女性として見られなくなってしまっては問題があります。旦那さんは、いくつになっても妻にきれいでいて欲しいと思っているものです。リラックスした日常の中でも、女性としての魅力を維持し、コミュニケーションや夫婦生活を適度に続けることで、浮気への心配はグッと減ります。 3.日常にちょっとしたスパイスを毎日同じパターンの生活、毎回遊びに行くところも同じ、いつも同じような会話をしているようでは、結婚生活が退屈になってしまいます。旬の話題や場所、新しい食べ物などを上手に取り入れることで、マンネリは防ぐことが出来ます。あなたがワクワクすることでいいのです。日常にちょっとしたスパイスを入れて、旦那さんの気持ちを離さないようにしましょう。 まとめここまで、浮気されやすい妻の特徴と、浮気されない妻になるためにはどうしたらいいかをご紹介してきました。もし、「され妻」の特徴に当てはまっているようでしたら、少しずつでもいいので改善していきたいですね。「もっと浮気されない妻になるためのアドバイスを知りたい」「旦那が浮気しているかもしれなくて不安」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。 『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。 一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

09 9月 2022

結婚の理想と現実のギャップに打ちのめされたら!?ギャップを埋める方法

将来どんな人と結婚するのか、どんな結婚生活をするのか…誰もが理想の結婚生活を思い描いたことがあるのではないでしょうか。そして、実際に結婚してみて、思い描いていた結婚生活と違うと感じたこともあるのではないかと思います。理想の結婚生活と現実の結婚生活にギャップを感じるのは何故なのでしょうか。今回は、理想の結婚生活と現実の結婚生活のどこにギャップを感じたのか、ギャップを埋めるためにはどうしたらいいのかについてご紹介します。 ・理想の結婚生活と現実の結婚生活にギャップを感じる理由・理想の結婚生活と現実の結婚生活のギャップを埋める方法・まとめ 理想の結婚生活と現実の結婚生活にギャップを感じる理由結婚情報誌『ゼクシィ』が2018年に行った調査では、既婚女性の9割が「結婚生活への理想と現実の間にギャップがあった」と答えたそうです。では、どんなところにギャップを感じたのでしょうか。 1.一緒にいられる時間が少ない結婚したら、一つの家で生活をして、もっと一緒にいる時間があるかと思ったのに、実際には仕事や友人関係に時間を取られてしまい、一緒にいる時間はほんのわずかということもあります。その上、毎日一緒にいることが当たり前になってしまうと、コミュニケーションや会話も減ってしまい、こんなはずではなかったと思うこともあるかもしれません。 2.家事の負担が大きい共働き夫婦が増えている昨今でも、家事や育児の負担は女性の方が多い傾向にあります。一緒に料理を作ったり、旦那はイクメンで何でもしてくれる、なんて理想を描いていた人は、現実とのギャップに疲れてしまうこともあるでしょう。 3.貯蓄が出来ない将来のために計画的に貯蓄をしようと考えていても、旦那にお小遣い制を嫌がられてしまったり、口座を分けられたりして、思うように貯蓄が出来ないという場合もあります。旦那がきちんと貯蓄をしてくれる人ならいいのですが、あるとき借金があることに気付いたなんていうこともあるかもしれません。 4.休日にデートしなくなった夫婦になってもたまには恋人だった頃のように、食事や旅行にも行きたいですよね。でも、結婚したら、休日は家でゴロゴロしたいという男性も多いものです。いつも休日、家でゴロゴロしている旦那の姿を見て幻滅したり、行きたいところに一緒に行ってくれないことに、理想の結婚生活と違うと感じることもあるでしょう。 5.親離れ出来ていなかった夫婦のことなのにいつも親に相談していたり、しょっちゅう親が家に来たり、結婚してから旦那が親離れしていなかったことに気付くということもあります。本来ならば夫婦で話し合って決めるべき家計のことや子供の教育についても、親が口出しをするため、夫婦の話し合いにならないということもあるかもしれません。 理想の結婚生活と現実の結婚生活のギャップを埋める方法結婚してから理想の結婚生活と違っていたと感じた場合、どうやってそのギャップを埋めたらいいのでしょうか?次からは、ギャップを埋める方法についてご紹介します。 1.素直に甘えてみる結婚すると男性は、家庭を守ろうという考え方にシフトします。そのため仕事へ時間を割くことが増え、家にいる時間が少なくなってしまいます。でも、コミュニケーションの時間が減ったからといって、あなたへの愛情が減ってしまったわけではありません。旦那が家に帰ってくるのが愛情の証と考え、自由にさせることも大事です。また、あまりにも一人の時間が寂しくなったら、素直に言葉にして甘えてみてみましょう。 2.貯金や家事のルールを決める生活にどれくらいお金が掛かるのか、将来のためにどうやって貯蓄していくのか、家事の分担はどちらがいつやるのか、結婚当初にしっかり話し合いをして決めておくことが大切です。また結婚生活は時とともに変化していくものなので、定期的に話し合いをして解決していきましょう。 3.便利グッズやサービスを利用する忙しすぎて、どうしても夫婦の時間が取れないという場合には、便利グッズや専門のサービスを利用することをお勧めします。あなたに自由な時間が増えることで、家事や育児に対するストレスや旦那が手伝ってくれないことへの不満が減ります。 4.デートの日を決めておく毎日、一緒にいることに慣れてしまった場合や、休日にいつも旦那が家でゴロゴロしていることに嫌気が差している場合は、日にちを決めてデートに行くといいでしょう。事前に日にちを決めておくことで、お互いに心の準備が出来ます。待ち合わせ場所も決めて、別々に家を出れば、ますますデートの雰囲気が高まります。 まとめ結婚生活を続けていく中では、それまで考えてもみなかったことが起きるものです。そのため、理想の結婚生活と実際の結婚生活にギャップを感じることは多々あるでしょう。でも、それらの困難を一緒に乗り越えていくことで夫婦の絆は深まるのです。もし、「理想の結婚生活と全く違ったので離婚を考えている」、「結婚生活を続けて行けるか不安」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。 『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

01 9月 2022

離婚したいと思ったことがある人はどれくらい?気持ちを払拭するためにしたいこと

結婚生活の中で、パートナーの嫌なところが見えたり、喧嘩をしてしまったりすることってありますよね。あまりにもそれが続くと、ストレスが溜まって、「離婚したい」と考えることもあるのではないでしょうか。今回は、離婚したいと思ったことがある人はどれくらいいるのか、また、離婚したいと思った人は、どんな理由で離婚したいと思ったのか、結婚生活を続けていくために離婚したいという気持ちを払拭するためにはどうしたらいいのかについてご紹介いたします。 ・離婚したいと思ったことがある人はどれくらいいる?・離婚したいと思った理由とは?・離婚したいと思う気持ちを払拭するためには・まとめ 離婚したいと思ったことがある人はどれくらいいる?一瞬頭をよぎっただけだったり、ずっと離婚を考えていたり、その程度は人それぞれだと思いますが、実際に、離婚したいと思ったことがある人は、どれくらいいるのでしょうか?Yahoo!Japanでは、2021年に全国の結婚している男女2000人を対象にアンケートを行いました。回答者は、10代~50代以上の男女ですが、その中心年代は30~50代以上です。男女比は男性6対女性4でした。アンケートの結果では、『ずっと離婚したいと思っている』という人は6.4%、『時々思う』という人は34%、『一回思ったことがある』という人は21.7%でした。この結果から、およそ6割の人が離婚したいと思ったことがあることが分かります。また逆に、『一度も思ったことがない』という人も4割はおり、夫婦円満で結婚生活を送ることが出来るのだと尊く感じました。 離婚したいと思った理由とは?同アンケートでは、離婚をしたいと思った理由についても調査していました。その結果、『性格が合わない』が37.8%でダントツトップ、その次には『好きじゃなくなった』が11.3%、『配偶者のお金の問題』が11.2%、『義両親の問題』が10.4%と続きます。性格の不一致は、離婚の原因として毎年上位に挙がっているので、離婚をしたいと思った理由がそのまま離婚の原因に繋がっていることに納得しました。次からは、それぞれの理由について深堀していきます。 1.性格が合わない結婚生活の中で、家事の分担が上手くいかなかったり、育児に対する考え方が違ったりすることで、性格が合わないと感じることは多々あります。また、生活習慣の違いや価値観の違いも大きく分けると、性格が合わないということに繋がります。 2.好きじゃなくなった人の気持ちは時間とともに変わっていくものです。一緒にいることが当たり前になってしまい、恋人だった頃のトキメキが無くなってしまうのです。その上、浮気やセックスレスなど、パートナーのことを信頼することが出来なくなってしまうと、好きじゃなくなったと考えるようになります。 3.配偶者のお金の問題ギャンブルで生活が苦しい、借金があることが結婚後分かったなどという大きなお金の問題から離婚を考える人もいるでしょう。また、同じだけ物を買っても、金遣いが荒いと感じる人もいれば、ケチだと感じる人もいるなど、些細な問題からでもお金に対する価値観の違いを感じ離婚を考えることがあります。 4.義両親の問題パートナーとはラブラブでも、義理の両親が結婚生活に口出ししてくる、親戚との付き合いが密で面倒など、義理の両親や親戚付き合いが上手くいかず離婚を考えることもあります。また、若い頃はよくても、歳を取って同居や介護をしなければいけなくなり、問題が起きることもあり得ます。 離婚したいと思う気持ちを払拭するためには離婚したいと思っても、経済的な理由や子供の気持ちを考えると、すぐに離婚というわけにはいきません。これからも結婚生活を続けるためにも、出来ることならば離婚したいと思う気持ちは払拭したいものです。離婚したいと思う気持ちを払拭するには、パートナーと問題についてしっかり話し合う必要があります。また、パートナーが話し合いに応じなかったり、話し合うほどの問題ではないと感じるのであれば、深く考え込まないようにしたり、好きなことをして気持ちをリフレッシュしたりすることで払拭される場合もあります。ケースに合わせて上手くストレスを発散させて、円満な結婚生活を続けられたらいいですね。 まとめ今は女性も働いていて、経済的な理由が離婚を妨げる時代ではなくなりました。そのため離婚件数も年々増加していますが、離婚してから後悔している人も少なくありません。簡単に離婚をしてしまい後悔するよりも、今一度、結婚生活の中で何が出来るのか考えてみてもいいのかもしれませんね。 もし、「離婚したいと思ったけど本当にそれでいいのか悩んでいる」、「パートナーに離婚を言い渡されてしまった」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

25 8月 2022

マザコン夫の5つの特徴とマザコン夫の扱い方!

もし、パートナーが母親のことを心配していたら「母親思いのいい人で、結婚してからも家庭を大切にしてくれそう」などと考えませんか。でも、もしかしたら、そのパートナーはマザコンで、結婚してから気付いたということもあり得るのです。マザコンは自覚しにくく、それが原因で家庭に深刻なトラブルが起きることもあります。今回は、マザコン夫の特徴や、夫がマザコンになった原因、マザコン夫の扱い方についてご紹介します。  ・マザコン夫の5つの特徴・夫がマザコンになった原因・マザコン夫の扱い方・まとめ マザコン夫の5つの特徴マザコン夫の特徴にはどの様なものがあるのでしょうか。よくある5つの特徴についてご紹介します。 1.判断を母親に委ねるマザコン夫は判断力がなく、自分で物事を決めることが苦手です。何かあったらすぐに母親に相談し、母親が決めたことに従います。家の購入や子供の教育など、本来ならば夫婦で話し合うべきことも、まずは母親に相談してしまうでしょう。また、夫婦で決めたことであっても、母親が反対意見を言えば、母親の意見に従ってしまいます。 2.妻子より母親を優先マザコン夫は何より母親が好きで大事なのです。そのため、例え妻や子供が熱を出していても、母親から呼び出しがあったら、ささいな用事でも行ってしまうでしょう。夫や父親という立場を自覚していないというところもマザコン夫の特徴です。 3.いつでも母親が正しいマザコン夫の判断基準は、母親にあります。そのため、いつでも、どんなことに対しても、母親の判断が一番正しいく、母親が間違いを犯すことなんてないと思っているのです。もし、嫁姑問題が起こっても、マザコン夫が妻の味方をしてくれることはありません。むしろ、母親が正しいと怒られてしまうことになるでしょう。 4.家族や夫婦の事情を何でも話すマザコン夫は母親に隠し事をすることはありません。結婚して母親と住む場所が離れても、マザコン夫は毎日のように電話やメッセージを母親に送り、何でも報告します。夫婦のあいだの失敗談も、翌日には母親に伝わっているということもあり、妻のプライバシーを尊重しようという意識は全くありません。5.母親との距離感が近い マザコン夫の母親は、しょっちゅう家に押しかけてきて、夫の世話を焼きたがります。また、近くに住んでいない場合は、何かと電話やメールを送ってくるでしょう。夫もそれを嫌がりませんし、家事のやり方や料理の味付けなど、母親を見習えばいいと考えています。夫のことをいつまでも子供のように扱う母親もいますし、恋人のように接する母親もいます。 夫がマザコンになった原因もともとマザコンは、なろうと思ってなるものではありません。マザコンになってしまうのには、成長過程での環境や母親の性格が大いに関係するのです。原因の一つとしては、母親が過保護に育てたということが挙げられます。何でも母親が先回りしてやってあげ、自分でやる場所や判断する機会を奪ってしまうことが、マザコンの原因となってしまうのです。また、もう一つの原因としては、母親からの愛情不足が挙げられます。子供の頃に母親に構ってもらえなかった人は、母親からの愛情を欲して「いい子」でいようとします。大人になってからも母親にとっての「いい子」であろうとし、マザコンになってしまうのです。そして、もう一つの原因としては、家庭内で頼れる人が母親しかいなかったということが挙げられます。この場合は、家庭内での母親の発言権が強く、何でも母親が決めていたという場合もありますし、逆に父親が厳しく、いつも母親が夫を慰めていたという場合もあります。いずれにしても、母親の存在感が大きくなり、マザコンの原因になるでしょう。 マザコン夫の扱い方マザコン夫と結婚して失敗したと思うこともあるでしょう。でも、上手に付き合っていくことで、円満な家庭を築くことも出来るはずです。まず気を付けていただきたいことは、夫の母親の悪口は絶対に言わないということです。人は、大切にしている人の悪口を言われたら、嫌な気分になるものですし、その悪口は必ず義母に伝わります。そして出来ることなら、夫の母親と仲良くなりましょう。料理や家事を教わってもいいですし、共通の趣味を持ってもいいです。仲良くなって、夫への不満を義母と共有することが出来れば、夫を思うように動かせる日が来る可能性があります。また、男性というのは、基本的に頼られれば嬉しい生き物です。あなたが頼りにすることで、夫は自信を取り戻し、母親への依存から抜け出すことが出来るかもしれません。 まとめ成長過程でなってしまったマザコンを直すことは難しいと思います。でも、夫はあなたをパートナーとして選んだのです。そこには少なからず、あなたへの愛情があったからではないでしょうか。夫と母親との関係性を上手く利用して、結婚生活を円満に過ごせたらいいですね。もし、「マザコン夫が家事、育児を全くしない」、「義母と一緒になって、文句ばかり言ってくる」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。 『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

17 8月 2022

共働き夫婦のお財布事情 ~タイプ別メリット・デメリット~

少し前までは男性が働き、女性は専業主婦というのが当たり前でした。でも今では、結婚後の女性も働き、共働きの家庭の方が多く見られるようになりました。共働き夫婦が増えるにつれ、家計の管理方法も変わりつつあるようです。今回は、なかなか人には聞きにくい、家計の管理方法についてや、家計管理のタイプ別メリット・デメリットについて詳しくご紹介します。 ・家計の管理どうしてる?・お財布一緒派のメリット・デメリット・お財布別々派のメリット・デメリット・まとめ 家計の管理どうしてる?結婚後のお金の管理について、どうしたらいいか考えてしまう人も多いのではないでしょうか。2016年にマイナビウェディングが結婚5年以内の夫婦190組にアンケートを行ったところ、1位は『妻が管理、夫は小遣い制』47.4%、2位は『財布は夫婦で別々。支払い項目別に家計を分担』18.9%、3位は『夫が管理、妻は小遣い制』15.3%という結果でした。このことから、圧倒的に夫婦のお財布は一緒にしている家庭が多いことが分かります。夫婦のお財布を一緒にしている人の意見としては、「得意な方が管理をする方がストレスが無い」というものや、「無駄遣いを止められる」というものがありました。また、夫婦のお財布を別々にしている人の意見としては、「同額を家計に入れ、公平感を出している」というものや、「趣味や付き合いなど、自分の自由に使えるお金を残しておきたい」というものがあります。ただし、離婚の専門家の中には、お財布が別ということが離婚しやすい特徴と指摘している方もいるくらい、お財布事情は大切なことです。どういった家計の管理方法を選ぶのかは、定期的に夫婦で話し合う必要がありそうです。 お財布一緒派のメリット・デメリットお互いのお金を1つのお財布に入れて管理するのが『お財布一緒派』です。自分が自由にできるお金は『お小遣い』として貰います。大きなメリットとしては、収支が分かりやすいとういうことです。お互いにいくら使ったのかがすぐに分かり、無駄使いを防止することもできます。貯蓄についての計画も立てやすいため、家や車など大きな買い物の返済が比較的スピーディーに終わる傾向があります。デメリットしては、家計を管理する側に負担がかかるという点です。また、自由に使えるお金が少ない、お金を使う際に相手に気を遣ってストレスに感じるなどの不満に繋がることもあります。そのため、「ボーナスから一定額を貯蓄する」、「貯蓄が一定額溜まったら旅行に行く」など比較的、短いスパンでの目標を作り、モチベーションを継続することをお勧めします。 お財布別々派のメリット・デメリット生活に必要なお金だけを共有の口座に入れて、残りのお金は各々で管理するのが『お財布別々派』です。お財布別々派には、項目別に支払いを分担するタイプや、生活費と一緒に一定額の貯蓄も行うタイプなど、細かく分けると様々なタイプがあります。メリットとしては、自分で稼いだお金は、自分の自由にできるということです。また、お互いを頼ることなく経済的に自立できるという点でも、メリットを感じることができるでしょう。デメリットとしては、お互いにどれくらいお金を使っているのか、貯蓄しているのかが分からないということです。もしかしたら、急な怪我や病気でお金が必要になったときに、貯蓄が全くないことが分かり困るということもあり得ます。その上、万が一の際には、口座の名義人でないと引き出しづらいというデメリットもあります。突然のことで困らないためにも、お互いに将来設計をどのように考えているのか、保険や投資をどうしているのかなど、日頃から話し合っておくことをお勧めします。 まとめどういった方法で家計を管理するのかは、夫婦で話し合って納得のいく方法を選びたいものです。また、一度決まったからといって、ずっとそのままでいいという訳ではありません。ライフスタイルや将来の計画に合わせて、定期的に見直す必要があります。家計にどれくらいお金が掛かっているのか、お互いにどれくらい貯蓄があるのか明らかにしている夫婦は、パートナーシップも上手くいっている場合が多いです。どちらかに家計管理をお任せにせず、日常から話せる関係を保てたらいいですね。もし、「パートナーが貯金の額を教えてくれない」、「お給料が上がってもお小遣いが減っていく…」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

10 8月 2022

結婚したら自分の時間が無くなるのは本当?自分の時間が欲しいときの対処法

結婚したら仕事に家事に育児にと、「自分の時間なんて全然、持てないんじゃないか」と考えている人は少なくないのではないでしょうか。実際に、周りにいる既婚の人を見てみても、仕事と家庭の両立で忙しそうにしている人が多いです。そして、既婚の女性や男性の中には、どうすれば自分の時間が持てるのか、悩んでいる人もいるのではないかと思います。今回は、結婚したら自分の時間が無くなるというのは本当なのか、自分の時間を持つための方法、もし、パートナーに自分の時間が欲しいと言われたら、どう答えればいいのかについてご紹介します。 ・結婚したら自分の時間が無くなるのは本当?・自分の時間が欲しいときの対処法・パートナーに自分の時間が欲しいと言われたら…・まとめ 結婚したら自分の時間が無くなるのは本当?結婚したら、自分の時間が無くなるというのは本当なのでしょうか。これは結婚前にどういう生活をしていたのかにもよって異なります。一人暮らしをしていたのなら、パートナーと一緒にいる時間が増え、自分の時間が無くなったと感じるでしょうし、同棲をしていたのなら、これまでと変わらないと感じるでしょう。また、実家でご両親や兄妹と暮らしていた人でしたら、逆に家族がパートナーだけになることで、自分の時間が増えるかもしれません。確かに子供が生まれれば、1日の大半を子供の面倒を見ることに費やすため、自分の時間が無くなったと感じることもあるでしょう。でもそれも、子供が成長することで、徐々に自分の時間を持つことが出来るようになります。 自分の時間が欲しいときの対処法結婚後も自分の時間を持つためにはどうしたらいいのか、その対処法についてご紹介します。 1.少しでも一人になりたいのなら、生活リズムをずらす1日の中で少しでもいいから一人の時間が欲しいという方は、生活リズムをずらす方法をお勧めします。家族より1時間早く起きてゆっくりコーヒーを飲む、1時間遅く寝て好きなドラマを見るなど、少しの時間をずらすことで、自分の時間を持つことが出来ます。 2.趣味に時間を割きたいのなら、パートナーと相談をある程度、まとまった自分の時間が欲しいのなら、パートナーと相談することが現実的です。毎週末、趣味のために丸1日一人で出掛けてしまうというのは、パートナーからの理解を得にくいかと思いますが、生活していく上で無理のない範囲でしたら、相談することで自分の時間が持てるようになるでしょう。 3.とにかく忙しい!という人は、家事の手を抜く仕事に家事に育児に、とにかく忙しいという人は、思い切って家事の手を抜いてみましょう。掃除や洗濯をしない日をつくってもいいですし、料理を宅配やスーパーのお惣菜に頼ってもいいです。また、家事代行やベビーシッターも自治体のサービスを利用すれば安く済むこともあります。 4.一緒にいることがストレスなら、一人になれる場所をつくる一緒に生活をしていることにストレスと感じてしまい、生活スペースに余裕があるようでしたら、生活スペースを2つに分けるという方法が非常に有効な手段です。ただしこの場合、そのまま会話もなくなり離婚に至ってしまう可能性が出てきますので、食事は一緒に摂る、寝室は一緒にするなど、一緒に過ごす時間をつくる必要があります。 パートナーに自分の時間が欲しいと言われたら…あなたは、今のパートナーと過ごす時間に満足しているのに、パートナーから「もっと自分の時間が欲しい」と言われてしまうこともあるでしょう。でもそれは、あなたとの関係に不満があるわけではないので、感情的になる必要はありません。パートナーは、仕事で疲れているのかもしれませんし、新しくやりたいことが見付かったのかもしれません。もし、何となく関係が上手くいっていないときに言われたら、悲しくなってしまうかもしれませんが、別れるつもりがないからこその「自分の時間が欲しい」なのです。より良い夫婦になるための冷却期間だと思い、自分は自分で一人の時間を楽しむようにしましょう。 まとめ結婚してもやり方次第で、夫婦円満のまま自分の時間を持てることが分かりました。今の生活に悩んでいる方は、まずはパートナーと相談してみることをお勧めします。もし、「パートナーにどう話していいか分からない」、「パートナーを傷つけそうで怖い」、「パートナーに相談したけど、理解してもらえなかった」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。 『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

03 8月 2022

結婚に後悔している女性は5割以上!? 結婚に後悔する理由5選

「結婚したい!」と思って結婚したのに、結婚後、後悔してしまう女性は少なくありません。今はマッチングアプリや婚活パーティーなどがあり、最初にお相手のスペックを見てお付合いし、結婚をしても、後悔することもあるのです。今回は、結婚後に後悔している女性がどれくらいいるのか、どんな理由で後悔しているのか、後悔した場合の対処法についてご紹介します!  ・結婚に後悔している女性は5割以上!?・結婚に後悔する理由5選・結婚に後悔したら試してみたいこと・まとめ 結婚に後悔している女性は5割以上!?結婚後、夫と結婚したことを後悔したことがある女性は5割以上もいるそうです。プレジデントウーマンが全国の既婚女性(30~59歳)、500人を対象に行ったアンケートでは、「夫と結婚したことを後悔したことがある」と答えた女性は53.8%、ないと答えた女性は46.2%でした。中でも、50代になると、後悔したことがあると答えた女性は6割以上に上がります。後悔の主な理由は、夫が家事や育児に協力的でない、話し合いができない、収入が少ないといったことです。離婚の理由でも、価値観の違いや金銭感覚の違いはここ数年、必ず上位に入っており、後悔が募った結果、離婚を選ばざる負えない人も多々いることが分かります。 結婚に後悔する理由5選結婚後、後悔したことがある女性は、どのような理由で後悔しているのでしょうか?それぞれの家庭で異なるとは思いますが、主な理由を5つご紹介します。 1.スペックを重視し過ぎた「結婚相手」としてお相手探しをする際に、高収入、高学歴などスペックが気になるのは当然だと思います。でも、自分のこれまでの生活とあまりに違うお相手を選んでしまうと、生活スタイルが合わない、お相手の家族と上手くいかない、お金の使い方に違和感があるなど、結婚してから思っていた結婚生活と違うと感じてしまうことがあります。 2.子供がいる男性と結婚お相手探しをしている中で、たまたまいいなと思った男性がバツイチでお子さんがいる場合もあります。男性とは意気投合し結婚しても、お子さんに受け入れてもらえなければ大変です。結婚前からお子さんともたくさん会い、上手くやっていけるかを確認しておかないと結婚後、後悔することになります。 3.生活能力が低かった一人暮らしをしている男性でしたら、料理はできなくても、掃除や洗濯はある程度できるでしょう。でも、ずっとご両親と同居している男性は母親に任せきりで、全く家事ができない可能性があります。一緒に子供を育てることを考えると、男性にも家事能力があった方がいいに越したことはありません。 4.収入が上がらない子育てのためにキャリアを捨てて家庭に入ったのに、夫に出世意欲が全くないことが分かりガッカリする場合もあります。子育てが一段落して自分が再就職しようとしても、年齢が上がってしまえば、それまでと同じような仕事に就けるとは限りません。家族が増え出費が増える中で、夫の収入が上がらず後悔することもあります。 5.お金の使い方に納得できない趣味にお金を使いすぎ、ギャンブルをするなど、夫の金遣いの荒さに結婚後、気付くという場合もあります。また逆に、何にお金を使ったのか毎回、聞いてくる、生活費が少ないなど、結婚後、夫がケチだったことに気付く場合もあります。どちらにせよ、自分との金銭感覚の違いに、後悔することになります。 結婚に後悔したら試してみたいこともし、結婚に後悔したらすぐに離婚をするのではなく、以下を試してみてはいかがでしょうか。 1.夫婦で話し合う結婚に後悔している夫婦の多くは、原因が何であれ、話し合いが上手くできていない場合が多いです。話し合いとは、自分の意見を押し付ける、言い聞かせることではありません。問題に対して、相手がどう思っているかを聞くことが大切なのです。 2.物理的に距離を置く話し合いが上手くいかず、お互いに冷静になれないときは、一時的に実家に帰る、数日、ホテルに泊まるなど、物理的に距離を置く必要があります。物理的に距離を置くことで冷静さを取り戻し、あなたの大切さに夫が気付けば、迎えに来てくれるかもしれません。 3.仮面夫婦になるお子さんが小さい、別居するお金がないなど、物理的に距離を置くことが難しい場合もあるでしょう。話し合いも上手くいかず、生活に疲れてしまったときは、一旦、夫への気持ちを切り離してもいいかもしれません。必要最低限の会話しかせず、一緒に暮らしているだけの相手と割り切ることで精神的に楽になる場合もあります。 まとめ結婚前に夫の全てを知ることは難しいですよね。それだけに結婚後、気になるところも出てくるかと思います。結婚は、家事育児を負担させられたり、仕事でキャリアが積めなくなったりなど、女性にとっては不利に感じることが多々あります。でも簡単に、離婚に踏み出せないのも事実です。 もし、「こんなことで後悔している」、「夫との話し合いが上手くできない」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

27 7月 2022

結婚生活2~3年でモヤモヤすること~結婚3年目のピンチを乗り越える方法!

今、3組に1組が離婚をする時代と言われていますが、その中でも、結婚後3~5年の夫婦の離婚率が1番高く、4割近くが離婚しているのです。特に結婚3年目は倦怠期を迎えやすい時期でもあります。今回は、結婚2~3年目の夫婦がどんなことに不満を感じているのか、結婚3年目に離婚を迎えないためにやっておいた方がいいことは何なのか、もし、結婚3年目に離婚の危機を迎えてしまった場合の乗り越え方についてご紹介します。  ・結婚生活2~3年でモヤモヤすること・結婚3年目までにやっておいた方がいいこと・結婚3年目のピンチを乗り越える方法・まとめ 結婚生活2~3年でモヤモヤすること結婚して1年目は、毎日一緒にいられるだけで嬉しいものですよね。生活の中でパートナーの新たな一面を知ることも多く、新鮮な気持ちで日々を過ごせるでしょう。でも、二人での生活に慣れる2年目からは、大したことではないけれど、何となくモヤモヤすることも多くなります。そのモヤモヤを放っておくと、離婚の原因になりかねません。では、どのようなことでモヤモヤするのか、大きく3つに分けられます。 1.生活習慣の違いバスタオルやシーツを洗う頻度、食材のブランドや産地へのこだわり、洗い物を毎回するのかなど、些細なことではありますが、日々のことだけにパートナーと感覚が違うとモヤモヤしてしまいます。金銭感覚や衛生観念の違いは、合わせようと思ってもなかなか難しいものです。また、家事の負担がどちらかだけに偏ってしまうと不満が溜まる原因になりかねません。 2.休日の過ごし方恋人の頃のように休日は一緒に出掛けたい、一緒に過ごしたいという人と、結婚したのだから一人の時間や友達との時間をつくりたいという人とでは、休日の過ごし方に違いが生まれ、モヤモヤすることになります。また、デートをしてもオシャレをしなくなった、外食はファミレスばかりになったなど、恋人の頃のデートと差が出てしまっては不満に感じてしまいます。 3.子供をつくるタイミング結婚前から何歳までに子供をつくるか話し合いができている場合はいいのですが、多くの夫婦がそのうちでいいと思っているのではないでしょうか。では、「そのうち」とはいつなのでしょうか。2~3年と考えている人と、全く考えていない人とでは考え方に違いが生まれます。パートナーがどう考えているのか分からず、モヤモヤを抱えるのも結婚生活2~3年に起こりやすいことです。 結婚3年目までにやっておいた方がいいこと結婚生活2~3年でモヤモヤしないためにも、結婚3年目までにやっておいた方がいいことをご紹介します。 1.毎日1回好きな気持ちを思い出す行ってきますのキスは欠かさない、お帰りなさいのハグをする、夕食後に一緒にコーヒーを飲むなど、1日1回でいいので、パートナーを好きな気持ちを思い出してみましょう。毎日の習慣にすることが大切なので、風邪を引いていても、仕事で嫌なことがあってもできるくらいの簡単なことにするのがポイントです。 2.パートナーが喜ぶメニューを見付ける新婚のときは何でも喜んで食べてくれるかもしれませんが、中でも「また食べたい」と思ってもらえるメニューを見付けておくと、喧嘩の仲直りなどにも役立ちます。パートナーが疲れているときに、そっとそのメニューを出せば、あなたの気持ちも伝わるのではないでしょうか。 3.喧嘩の仲直り方法をつくっておく新婚のときはすぐに仲直りできていても、長く一緒にいるようになると、喧嘩が長引いてしまうという声をよく耳にします。口を利かなくなってもこれをしたら仲直りする、喧嘩は翌日まで引きずらないなど、仲直りの方法をつくっておくといいでしょう。 結婚3年目のピンチを乗り越える方法結婚3年目に離婚の危機が訪れてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。ハッキリとした原因がなく、倦怠期や会話が減った、一緒にいる意味が見いだせないといった場合には、以下を試してみてください。 いつまでも恋人気分を求めない結婚して3年目ともなれば、恋人同士のトキメキではなく、もっと深い家族としての愛情を知ってもいい頃です。パートナーへの甘えや束縛を捨て、信頼し合える関係をつくっていくことが必要です。 2.1人の時間を大切にする趣味の時間をつくる、友達と食事に行くなど、一人で外出する時間をつくりましょう。あなたのことを何でも分かったつもりになっているパートナーは、あなたの新しい一面を知って新鮮に感じるでしょう。 3.将来を考えてみる5年後、10年後の二人はどんな生活をしているのか、改めて将来について話し合う時間を設けることも3年目のピンチを乗り越えることに繋がります。お互いに将来のビジョンが明確になることで、家族としての絆が強まります。 まとめ結婚はフルマラソンのようなもので、持久力や忍耐力が必要です。もし、パートナーとの関係を良くしようと1日だけ全速力で頑張っても、その先が続かなくなってしまいます。長い時間をかけることでつくられる安心感や信頼関係を楽しんでいけたらいいですね。もし「パートナーを信頼できなくなってしまった」、「倦怠期を乗り越えられなそう」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

21 7月 2022

【共働き夫婦の家事分担】上手く家事を分担する5つのコツ

夫婦の会話に満足していると、結婚生活が円満にいくという話はよく耳にしますよね。ある調査では、「家事についてよく話す」という夫婦の9割が、結婚生活に幸せを感じているという結果が出ているそうです。でも実際には、家事は妻に任せきりだったり、家事の分担が上手くできず悩んでいたりする夫婦も多いのです。今回は、共働きの夫婦の家事分担の実態と、家事の分担を見直すタイミング、上手く家事を分担するコツについてご紹介します。 ・共働き夫婦の家事分担の実態・家事の分担を見直すタイミング・共働き夫婦の家事分担のコツ・まとめ 共働き夫婦と家事分担の実態バブル崩壊後から共働き夫婦は年々増え続けています。平成30年度(2018年度)の厚生労働省の調査では、専業主婦の世帯数が606万世帯であるのに対し、共働き世帯は1,219万世帯になりました。このことから分かるように、全体の3分の2が共働き夫婦なのです。また、同じく2018年に内閣府が行った調査によると、妻と夫の家事分担の割合の平均は、妻83.2%、夫16.8%になります。これには専業主婦も含まれますが、圧倒的に妻の負担が大きいということが、この調査から分かるのではないでしょうか。 家事の分担を見直すタイミング家事と育児、仕事の両立には大変な労力が必要です。そのため多くの妻が「夫も家事をして欲しい」と考えていますが、一度決まった家事の分担は簡単には変えられないようです。家事の分担を見直すタイミングとしては、結婚したとき、子供が生まれたとき、産休や育休から復職したとき、就業形態が変わったときなど、ライフスタイルに変化があったときが挙げられます。また、家事の多くを妻が負担している家庭の夫は、妻に対して申し訳ない、もっと妻の役に立ちたい、妻に引け目を感じると考えていることも少なくありません。家事と仕事の両立を難しく感じ始めたり、疲れを感じたりする場合は、改めて家事の分担について夫と話す機会を作ってみてもいいのではないでしょうか。 共働き夫婦の家事分担のコツ家事を上手に分担するためにはどうしたらいいのでしょうか?分担したあと、お互いにストレスなく家事をしていけるように家事分担のコツをご紹介します。 1.やって欲しいことは具体的に伝える夫にやって欲しい家事がある場合は、出来るだけ具体的に伝えることが大切です。例えば「食器を洗う」という家事の場合、洗ってカゴや食洗器に入れておくだけなのか、食器棚にしまうところまでなのかという違いがあります。やってもらってから注意をするのはしにくいものですし、された方も嫌に気になるものです。そのため、やって欲しいことは、出来るだけ具体的に伝えるようにしましょう。 2.家事をリスト化する家事を完全に分担する場合には、家事をリスト化するといいでしょう。その場合も、出来るだけ具体的にリストにすることが大切です。そうすることで、「これも一緒にやって欲しかったのに」というガッカリする気持ちにならずに済みます。また分担表を作っておくことで、あとからどちらの分担だったか分からなくなるとことを防ぐことが出来ます。 3.家事の負担を減らす家事に対する負担を減らすことも、共働き夫婦が円満に暮らすためには必要です。ルーティンで買うことが決まっている物は、ECサイトの定期便や生協などの宅配サービスを利用することで、買い物に対する負担を減らすことが出来ます。毎日の食事もスーパーでお惣菜を買ったり、下処理済み・半加工済みの食品を利用したりすることで負担を減らすことが出来ます。また、少しコストはかかりますが、お掃除をプロのサービスに頼んだり、クリーニングを利用したりすることでも家事の負担を減らすことが出来ます。 4.完璧を目指さない夫が家事に慣れていない場合は、初めから自分と同じレベルで出来ると思ってはいけません。やってくれたことに感謝して、笑顔でお礼を伝えましょう。また、結婚前に一人暮らしをしていて、家事に慣れている夫でも、自分のやり方と違う場合があります。その場合も注意をするのではなく、相手のやり方を尊重するようにしましょう。 5.仕事のビジョンを共有する家事の分担に直接は関係ないのですが、お互いの仕事の現状や、将来どうなりたいのかなどのビジョンを共有しておくことも大切です。具体的な仕事の話など聞いても分からない部分は多いかと思いますが、会社での立場や心身共にどれくらい負担があるのかなどを知っておくことで、家事の分担に対する不満を軽減することが出来るのではないでしょうか。 まとめ仕事の性質や就業形態、お互いの性格や家事能力によっても、どのように家事を分担するかは変わってくると思います。どのように分担したとしても、お互いに結婚生活に幸せを感じられたらいいですね。もし「家事の分担に不満がある」、「どうすれば夫が家事に協力的になるか分からない」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

14 7月 2022

夫婦の話し合いを上手に進めるコツと話し合いが必要な理由

夫婦で真剣に話し合うのが苦手だという人は、結構いるのではないでしょうか。毎日、一緒にいるからこそ適当に済ませてしまいたい気持ちは分かります。でも転職や転勤、子供の教育や親の介護など、真面目に話し合わなければいけない問題は、必ずやってきます。 その際に、上手に話合いが出来るか出来ないかで、その後の夫婦生活に差がでることは明らかです。今回は、夫婦に話し合いが必要な理由と、話し合いをスムーズにするために日頃からしておいた方がいいこと、話し合いを上手に進めるコツについてご紹介します。 ・夫婦に話し合いが必要な理由 ・夫婦の話し合いをスムーズにするために ・夫婦の話し合いを上手に進めるコツ ・まとめ 夫婦に話し合いが必要な理由 結婚生活を円満にするためには、夫婦の話し合いが絶対に必要です。 でも毎日、一緒に過ごしているうちに、いつの間にか一緒にいることが当たり前になり、会話が減ってしまう夫婦は少なくありません。 夫婦の会話が減ってしまうと、「夫が(妻が)何を考えているのか分からない」、「夫(妻)の考えが理解できない」といったズレが生じてしまいます。夫婦の考えのズレは、結婚生活が長い夫婦にも起こり得ることで、ズレが大きくなればなるほど、結婚生活の不満に繋がります。また、夫婦の話し合いが上手に出来ていれば、お互いの気持ちや考え方が理解でき、喧嘩をしたとしても仲直りをして、さらに信頼関係を深めることができるのです。 夫婦の話し合いをスムーズにするために 話し合いをスムーズにするためには、日頃から夫婦で会話をすることに慣れておく必要があります。 いきなり大きな問題を解決しようと意気込んでしまうと、お相手からそっけない返事が返ってきてガッカリしてしまうことも…。 もしくは、あなたの話そうとする意気込みに委縮して、自己防衛のためにお相手が喧嘩腰になってしまう場合もあります。まずは、日常的なことや答えが決まっているような問題から話し合うことで、お互いに話しやすい雰囲気を作っていきましょう。 また、日頃から話し合うタイミングを決めておくことも、話し合いをスムーズにするためには必要です。食事のときはテレビやスマホを見ない、子供が寝ている時間や学校に行っている時間に二人でお茶をするなど、あらかじめ夫婦で会話をするタイミングを決めておくことで、夫婦での話し合いがずっとスムーズになります。 夫婦の話し合いを上手に進めるコツ 1.自分の考えをまとめておく 勢いだけで始めても、何が言いたいのか伝わらなければ、話し合いにはなりません。 事前に自分が何を問題と捉えているのかを明確にさせておきましょう。また、同じ問題を抱えている人の体験談を読んだり、周りの人に意見を聞いてみたりを事前にしておくことも必要です。たくさん問題がある場合は、簡単な問題から取り組むようにしましょう。 2.まずは相手の意見を聞く…

06 7月 2022

夫の浮気が忘れられない!辛い気持ちを思い出したときの対処法

夫の浮気を1度は許したものの、後になって「やっぱり許せない!」と思うことってありますよね。浮気された時の苦しみや悲しみは、何年たってもなかなか消えないものです。いつもは夫と普段通りに接していても、ふとしたきっかけでフラッシュバックすることもあります。浮気された時の気持ちを思い出し、夫を許せないときはどうしたらいいのでしょうか?今回は、浮気されたことがフラッシュバックする瞬間、浮気されたらなぜ辛いのか、辛い気持ちを思い出した時の対処法についてご紹介します。 ・浮気されたことがフラッシュバックする瞬間・過去の浮気がなぜ辛いのか・辛い気持ちを思い出したときの対処法・まとめ 浮気されたことがフラッシュバックする瞬間自分では許した、忘れたと思っていても、浮気された時の辛い気持ちはなかなか消えないものです。夫の浮気を忘れたくて悩む方の中には、相手の女性と同じ名前を聞いたり、夫と相手の女性が会っていた場所の名前を聞いたりすることで、辛い気持ちがフラッシュバックすることがあります。また、夫からのメールの返信が遅い、なかなか連絡が取れないという場合にも、過去の浮気を思い出し、辛い気持ちになることがあります。もともと完璧主義だったり、生活環境で浮気に対する不安が大きかったりする人ほど、浮気のフラッシュバックがなかなか消えない傾向にあるようです。 過去の浮気がなぜ辛いのか過去の浮気がなぜいつまでも辛く感じるのでしょうか。その理由は大きく分けて3つあります。 1.裏切られた気持ちがする多くの妻は、夫は自分を愛してくれていると思っています。それに、一緒に生活していく上でのパートナーとして信頼しています。浮気されると、自分は愛されていないと感じ悲しくなりますし、浮気中に嘘をつかれたことで、家族として今後、信頼してもいいのかと疑問を感じます。夫が浮気相手と別れたとしても、夫に愛されている感じることや、もう一度、夫を信頼するには時間がかかります。 2.今の生活が不満浮気されたことがフラッシュバックして、いつまでも悩んでいるのに、夫はすっかり忘れた様子でいることを辛いと感じる人もいます。また家計が苦しいのに、夫は浮気相手と外食していたり、遊んでいたりしたことに対して、許せないと感じる気持ちもあります。 3.浮気相手に対する劣等感相手の女性が自分よりも奇麗だったんじゃないか、若くて可愛かったんじゃないかと妄想し、劣等感を持つ人も少なくありません。そして、夫が優しく接してきても「どうせ自分なんか」と卑下して、これまでのように夫に接することが出来なくなることもあります。浮気された側は何も悪くはないのに、夫に冷たい態度をしてしまうことに辛さを感じてしまいます。 辛い気持ちを思い出したときの対処法浮気されたことを思い出して、辛い気持ちになったときの対処方法には、次のようなものがあります。 1.気持ちを吐き出す浮気された時の気持ちを無理に忘れる必要はありません。辛いときは、泣いてもいいですし、カラオケに行って叫んでもいいでしょう。また、気持ちを紙に書きだすことも有効です。思いっきり気持ちを吐き出すことでストレスが解消され、スッキリした気持ちになれるでしょう。 2.夫と話し合う浮気された辛い気持ちを思い出してしまうことで、いつまでも夫との間に溝を作っていませんか。夫の浮気を許すためには、言いたいことが言い合える環境を作っていくことが大切です。少しだけ忘れたフリをして、日常生活を送ってみましょう。日ごろから、不満や感謝をお互いに伝え合っていくことで、徐々に信頼関係は回復していきます。 3.気分転換をする辛い気持ちが消えないときは、趣味に没頭したり、カフェでお茶を飲んだり、友達と話したりして、気分転換することも大切です。時には夫におねだりして、ちょっと高級なレストランに連れて行ってもらったり、ちょっとしたプレゼントを買ってもらったりすることも、気持ちを落ち着けることに繋がります。 まとめ忘れようと思えば思うほど、辛い気持ちと言うのは忘れられないものです。夫との関係だけが全てではありません。自分のやりたいことに熱中したり、家事や育児に没頭したりすることで、少しずつ辛さを感じなくなっていくのではないでしょうか。毎日、夫と顔を合わせるたびにフラッシュバックしてしまい辛いという場合は、少しの間、距離を置いてもいいかもしれません。 もし「一人で気持ちを抱えているのが辛い」、「また夫に浮気されそうで不安」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿

24 6月 2022

夫に節約して欲しい!ケチと節約の違いとは!?

物価の値上がりが止まらない昨今、今まで何も気にせずに買っていたものが、高いと感じることもあるのではないでしょうか。そして、節約を考える人も多いと思います。でも、その節約が、もしかしたら自分以外の人には、ケチだと感じるかもしれません。中でも、生活を共にしている夫には、一緒に節約をして欲しいけれど、ケチとは思われたくないものです。今回は、ケチと節約は何が違うのか、夫が妻をケチだと思うのはどんなときなのか、夫にケチと思われず節約するにはどうすればいいのかについて調べてみました。 ・ケチと節約の違いとは?・夫が妻をケチだと思うとき・夫に節約してもらう方法・まとめ ケチと節約の違いとは?ケチと節約には、どのような違いがあるのでしょうか。辞書で調べてみたところ、ケチには「むやみに金品を惜しむこと」、「気持ちや考えが卑しいこと」と書かれていました。また、節約には、「無駄遣いをやめて切詰めること」と書かれています。このことからもケチは、他者に対してお金を使うことや何かをしてあげることを嫌がることだと考えられます。一方、節約は、不必要なことをやめたり、少し我慢することで貯蓄を増やしたりすることのようです。また、ケチな人がお金を貯めるのには理由がなく、節約家な人がお金を貯めるのには、何に使うのかハッキリとした目的があるという見方もあります。 夫が妻をケチだと思うとき1.お小遣いが少ない新生銀行が20~50代の会社員男女を対象に調査している「2021年サラリーマンのお小遣い調査」によると、男性会社員のお小遣いの平均額は38,710円だそうです。年齢や未婚か既婚か、子供がいるかいないかによって差はありますが、3~4万円をお小遣いにしている人がほとんどでした。収入にもよりますが、それより少ない場合は、他者と比べて不満に感じるかもしれません。 2.レジ袋を溜め込んでいるレジ袋の有料化が進み、今やレジ袋は貴重品になりました。でも、明らかに必要以上に溜め込んでいるのを見ると、男性はケチだと感じるようです。その他にも紙袋や洋服など、いつ使うのか分からないような物をとっておくのも同様です。また試供品を配っていたら、使わないようなものでも必ずもらったりしているとケチだと思われてします。 3.電気代をケチる電気代や水道代は、主婦だったら節約したいポイントですよね。でも、見ていないテレビのコンセントを抜いたり、ウォッシュレットのコンセントを抜いたりしても、家庭で減らせる待機電力は2~3%程度だそうです。エアコンを節約しても、熱中症や風邪を引いてしまっては、病院代の方が高くついてしまいます。多少の我慢は出来るかもしれませんが、生活にストレスを感じるとケチだと思われてしまいます。 4.大量のポイントカードお財布の中に大量にポイントカードが入っているのを見たときにも、男性はケチだと感じるようです。必要最低限、よく使うポイントカードを持っている分には、ケチだとは思われませんが、レジに着いてから、ポイントカードを探すために時間がかかっているのを見ると、時間的に損をしている気分になるようです。 5.交際費をケチる飲食代や交通費が掛かるからと友人と会うのをやめたり、親戚の集まりに行かなかったりすることも、男性がケチだと感じるポイントです。男性によっては、他者と交流を深めることは、出世につながる先行投資と考える人もいます。そのため仕事での飲み会に文句を言われたりしたら、不満を感じてしまいます。 夫に節約してもらう方法夫にケチだと思われず、節約に協力して欲しいときはどうしたらいいのでしょうか。家計の管理を妻がしている場合は、夫は家計にどれくらい掛かっているのか分かっていない場合が多いです。毎月、どれくらいの支出があるのかを簡単に書き出し説明することで、節約の必要性を夫に分かってもらいましょう。また、将来のために備えて節約したい場合は、子供の出産や教育にどれくらいお金が掛かるのか、老後にどれくらいお金が掛かるのかを話す必要があります。それらを話し合うことで、将来、夫婦でどんな生活をしていくのか、考えるきっかけにもなります。 まとめケチと節約には、ハッキリと違いがあることが分かりました。お金がないのに奢ってしまったり、人にお金を貸したりするのは間違っていると思いますが、必要なときには、お金を出せる準備をしておきたいものです。また、「金銭感覚の違い」は、離婚の理由としてよく挙げられます。生活の中で、どこにお金を掛けたいのか、どこなら節約できるのか、日頃から夫婦で話し合っておくことも大切です。もし「どうやって話し合っていいのか分からない」、「夫にケチだと思われていそうなので、どうやったら挽回できるのか」など、お悩みがありましたら、ケースに合わせて回答いたしますので『こころカフェ』までご相談いただけましたら幸いです。 『こころカフェ』では、「#夫婦を再生しませんか?」をテーマに、結婚生活や夫婦の問題について勉強をした専門のカウンセラーが、あなたのお話をお伺いいたします。一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。(こころカフェ事務局)#夫婦を再生しませんか?https://lp.cocoro-cafe.jp#こころカフェ 過去の投稿 カテゴリー 関連する投稿